top profile Live Information Live Movies discography contact store

最近のコメント

Powered by
Movable Type 3.35

« ちょっとだけよん! | メイン | 世の為に与兵衛うたう!!(YouTube) »

”黄金の心”を探して・・・

歌の上手い人、楽器の上手い人、
人柄がいい人、カッコがいい人、とにかく話題性の多い人・・・

音楽を聴き続けてきてから
様々なタイプのミュージシャンを見てきた気がする。

と同時にミュージシャンにとって音楽を作ってゆく上で
一番大切なものとは何であるのだろうということも考えさせられてきた・・・



確かに、プレイヤーとしての技術や
見た目や人を惹きつける魅力ももちろん大切だ。

でも、これらはあくまでも2番目3番目に大事な事であって
絶対的な条件に成り得るものだとは言えない。

それどころか、これらを1番目に大切なものだと思いこむと、
自分自身を見失うことにもなりかねないと思う。


では、何が大切なのだと問われれば、
自分なら、それは、motivation=動機じゃないだろうかと答える。

つまり、音楽をやり続ける理由があるかないか・・・

この事を表現したいんだ、というテーマを持てるかどうか・・・

自分勝手な幻想でも良いから、
これをやらなきゃオレは死んでしまうと、
本気で思える何かを持てるかどうか・・・ではないだろうか?


ニール・ヤングのように、60年代から現在に至るまで、
高いテンションで音楽活動を続けているミュージシャンは希だ。
ロック・ミュージシャンとしては特に。

すでに富や名声を手に入れている彼が、
未だに緊張感を失わずに歌っていられるのは、

富や名声だけでは埋められない何かを
ずっと持ち続けているということだと思う。


おそらく彼は、名曲”Heart of Gold”で歌っている
”黄金の心”を、未だに探し続けているんじゃないだろうか?

そして、それこそが音楽を生み出してゆくmotivationとなり
彼の音楽を輝かせ続けているのだ・・・


誰でも年を取れば取るほど、世の中や人の事が分かって来て、
”黄金の心”に近づくどころか、
それを探すのは難しいという事に気づいてくるものだ。

残念ながら自分は、ニール・ヤングではないので、
これからどれだけの間”黄金の心”を探し続けられるかはわからない。

でも、こんな自分でも、せめてミュージシャンとして
自分の音楽に責任がある限りは、
”黄金の心”を何とか探し続けてやろうと思っているのだ・・・


Neil Young "Heart of Gold"

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://amorfati.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/116

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


oneheart02.gif
samurai.gif

1st album