top profile Live Information Live Movies discography contact store

最近のコメント

Powered by
Movable Type 3.35

« 世の為に与兵衛うたう!!(YouTube) | メイン | こういうのって運がいいの? »

財布落としたー!!!!!!!

皆さんは、最後に全速力で走った日を覚えているだろうか?


スポーツが趣味だよ、という人や学生ならいざ知らず。

普通に社会生活をされている大人であれば、

こんな単純な亊も思い出すのは以外と難しいかもしれない。


しかし、ボクは自信を持って答える亊が出来る。

なんせ、最後にダッシュしたのは、昨日なのだから。



昨日は、最近恒例となった歌舞伎町つるとんたんでのライヴだった。



ステージは毎回三回有るのだが、

2ステージ目が終わると決まって外へ出て一息つくのが、

ギターのコグレッチとの暗黙の了解となっている。



今日は、いつもと違う所に行ってみようというコグレッチの提案で、

歌舞伎町の喧騒からちょっと離れた場所に落ち着きコーヒーブレイクとなった。


そこからは、次のステージの曲などを決めつつ

適当に時間を潰すのがいつものパターンだ。

 

コーヒーも飲み終わり、さぁそろそろ時間だという亊で

余裕を持ってボクらは店まで戻った。

 

そして、控え室で準備を始めようとした、その時!!!

大変な亊に気づいたのだった・・・









サ、サイフがない・・・









時は、3ステージ目開始まで約8分・・・

 

 

サイフを出し入れした記憶は、コーヒーを飲んだ店だけ、

しかし、歩きながら落としていたらアウトだ・・・

 

 

そう考えると同時に、体はすでに店を飛び出し、

週末でごった返す歌舞伎町をコーヒーショップ目指し駆け出していた。

 

 

猛然と人波を掻き分けて走る。

 

この時ばかりは、呼び込みのお兄さん達も、普段のように

 

「キャバクラ、どう?」、 「オッパイパブ、オッパイパブ・・・」

 

とボクに声をかけることは出来なかった。

 

 

歌舞伎町の街を 脱兎の如く駆けながら、

 

お金はともかく(たいして入ってないんで)免許がなくなるのが痛い、 再発行って確かスゲー面倒だって聞くよな

そうだハーゲンダッツのポイントもプレミアム会員目指して必死で貯めたのに・・・

 

などという思いが頭の中をグルグルとめぐっていた。

 

 

コマ劇場の前を通り抜けると、

酔っ払った若者グループから人目を憚らない笑い声が聞こえて来た。

彼らには何の恨みもないが、なぜか腹立たしい・・・

 

 

070908.jpg

 

やがて、やっとコーヒーショップがある建物が視界に入ってくる。

後は、店のある三階まで一気に駆け上がるだけ。

 

 

 

どうかサイフよ、なくなっていないでくれ!

 

 

 

建物の入り口に飛び込み階段を駆け上がり二階へ、すれ違う人、人・・・

 

 

 

まさか、こいつらの誰かが、すでにオレのサイフを懐に入れてほくそ笑んでいるのでは…

 

 

 

などというあらぬ疑いをかけながら、三階へ・・・

 

 

 

く、苦しい…でも、もう少しだ頑張れオレ!

 

 

 

三階へ着くと同時に、扉を開け店内へ転がり込む。

その瞬間、驚いたように目を見開いた店員の女の子と目が合った・・

 

 

 

サイフ、オレのサイフは・・・

 

 

 

さっきまで自分が座っていた席に目を移す・・・

 

 

 

 

 

 

あった・・・

 

 

 

 

 

 

よかった・・・・・・









床には、寂しげに転がった自分のサイフの姿が・・・

それまでの緊張から解き放たれ、ゆっくりと確かめるようにサイフを拾った。

 

 

 

 

 

ふぅ・・・任務完了・・・

 

 

 

 

 

今までと打って変わったように、ゆるやかに時が流れはじめる・・・

ふと気付くと、これまでの経緯を周りで見ていた

店員さんたち、 お客さん達が、自分に優しい視線を送ってくれていた。

 

 

 

 

 

よかったね、サイフが見つかって・・・

 

 

 

 

 

その瞬間、蒸し暑い新宿の夜空を一瞬だけさわやかな風が吹き抜けたような気がした

 

 

 

あ、ありがとう!みんな、本当にありがとう! さっき勝手に犯人扱いしちゃった人たち、ごめんね。

 

 

 

人はこのような形で救われた時、自然にすべてのものに感謝したくなるものだ・・・

何かが起こったとき、どうしても最悪の結果を予想しがちだが、

必ずしもそうなるわけではない。

人生に救いを見出した一瞬でもあった・・・ 

 

 

 

 

 

んん!!

 

 

 

 

 

しかし、ホッとしたのも束の間、思い出したように時計へ目をやってみる・・・

 

 

 

 

 

ゲッ!次のステージまで、三分ぐらいしかない・・・

 

 

 

 

 

その後、更にスピードを上げて歌舞伎町を走るボクの姿があったことは言うまでもない・・・

 

 

 

 

 

 

追伸:ステージには何とか間に合った。始まる前から汗ダラダラ・・・

 

 

9/8(Sat.)つるとんたんセットリスト

1st stage
01:Baby,I promise you
02:名前のない少女
03:It's natural
04:長い夜のはじまりに

2nd stage
01:It's natural
02:地球の夜にさようなら
03:さよなら子供たち
04:長い夜のはじまりに

3rd stage
01:アモーレ
02:名前のない少女
03:It's natural
04:長い夜のはじまりに

 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://amorfati.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/130

コメント (2)

い、いやぁ。よかったね!
でも、あの時点で気付いたことは不幸中の幸いだったね。
じゃ、この経験を新曲に活かしてくれ!(笑

ヨコタ:

この前はお疲れでしたー!そういえば、マルコス・ヴァリが東京の地下鉄で迷子になった時の経験を「Lost in Tokyo Subway」って曲にしてたなぁ・・・(笑

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


oneheart02.gif
samurai.gif

1st album