top profile Live Information Live Movies discography contact store

最近のコメント

Powered by
Movable Type 3.35

« 久々”わっくら”へ | メイン | まわり道して帰る »

Delaney, Bonnie & Friends

最近、ずっと弾かずにケースに入りっぱなしだった、
レスポールをひっぱり出して弾いている。


ギターを弾くキッカケを与えてくれたのはキース・リチャーズだが、
レスポールの出す音の太さと品のある重厚さを
教えてくれたのは、オールマン・ブラザーズのデュアン・オールマンだ。


そんなギターを弾き始めた時のことを思い出しながら、
YouTube検索をしていると、デラニー&ボニーへとたどり着いた。


エリック・クラプトン、ジョージ・ハリスンら
ブルースへ憧れを持ったイギリス・ミュージシャンと、
アメリカ南部の泥臭さを生まれながら持ったデラニー&ボニー
言い換えれば、レオン・ラッセル一派・・・


彼らの出会いが生んだ音楽の歴史を辿ってゆく事は、
高校生の時のボクにとって胸躍る音楽の旅だった。


なんてったって”レイラ”も”オールシングス・マスト・パス”も
原点はこのデラニー&ボニーのセッションからだからね。


ここら辺のアメリカ南部ロック聴いていた時が、
今までで一番純粋に音楽を楽しんでいたと思う・・・


Delaney, Bonnie & Friends ”When The Battle Is Over”


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://amorfati.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/148

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


oneheart02.gif
samurai.gif

1st album