top profile Live Information Live Movies discography contact store

Powered by
Movable Type 3.35

« Drawじゃ納得できないが・・・ | メイン | 11/10(Sat.) 下北沢 Bar? CCO »

内容も曲名も分からない事が多くてねぇ・・・

アドリアーナ・カルカニョットの曲で、
”Fico assim sem você”という曲がある。


いつもいい曲だなぁと思って聴いてはいるのだが、
ボルトガル語が出来るわけでもないのでタイトルが良くわからない・・・



だから、心のなかで、

いいねぇ~この○△*×■セン・ヴォセは・・・・

と思っていたのだが、


さすがに今日は気になったので調べてみたところ、
今年の来日公演の宣伝ページで、
この曲がちゃんと歌詞まで説明されているのを見つける事が出来た。


タイトルは、

「フィコ・アシン・セン・ヴォセ(君がいないと、こうなってしまう)」


歌詞の内容もイメージ通り自分好みの素晴らしいものだった。

大人から子供まで、また人種や性別を超えて、
誰もが共感できるような、こういった曲こそが、
”本当の意味でメジャーなもの”だと思う。


やっぱり歌詞の意味をわかった上で聴きたい曲。


Adriana Calcanhoto ”Fico assim sem você”

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://amorfati.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/173

コメント (2)

くきわ:

昔、ブラジル音楽のバンドの仲間だった人が、ジョイスのことを「面白い事言ってる~」と突然笑い出した事を思い出しました…
確か「CAQUI」という曲で、コレは日本語も同じで「柿」の事だと教えてくれて。
ポル語が理解できたらもっと楽しく聞けるのに~と、つくづく思ったものです。

メロディは大好きなのに、歌詞の意味も読み方すらも知らない曲だらけ(涙)そんな時はインターネットで調べる価値あり!ですね。
ためになりました~(笑)

ヨコタ:

なるほど、ポルトガル語でも「CAQUI」は「柿」なんですね~。面白いなぁ(笑)

偶然に日本でもブラジルでも同じ発音だったのか?又は、日系移民が「柿」を持ち込んでそのまま「CAQUI」になったのか?

もしそうだとしたら、ブラジルには最初から「柿」はなかったのかなぁ・・・等と、想像が膨らんできます。

そんな事を色々考えていると、言葉って、数字のようなツールとは別で、歴史や時代の空気を孕んだ生き物のような面白いものだなと思えてくるんですよね。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


oneheart02.gif
samurai.gif

1st album