top profile Live Information Live Movies discography contact store

最近のコメント

Powered by
Movable Type 3.35

« 01/29(Tue.)代官山 カフェ クオーレ セットリスト | メイン | 01/31(Thu.) カフェクオーレ&つるとんたん »

天才が天才をうたう・・・

先日、動画紹介の流れもあり、
デューク・エリントンと彼の音楽への愛を
スティービーが歌った”愛するデューク”を思い出した。



偉大なアーティスというものは、
次の世代のアーティストたちにリスペクトの意味で
その作品に取り上げられることは多いと思うのだが、

こんな素晴らしい曲なら、”Sir Duke”も大満足だろう。


ちなみに、この歌には、サー・デュークの他にも、
カウント・ベイシーやグレン・ミラー、サッチモ、
そして、エラ・フィッツジェラルドの名前もお目見えしている。


彼らの時代のジャズは、ホントに素直に愛せるものばかり。
まさに黄金時代だったと言えるんじゃないだろうか・・・


Stevie Wonder "Sir Duke"

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://amorfati.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/266

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


oneheart02.gif
samurai.gif

1st album