top profile Live Information Live Movies discography contact store

最近のコメント

Powered by
Movable Type 3.35

« ”お嫁においで” | メイン | セルティックも応援しつつ・・・ »

捉えどころのない男

いわゆる3大ギタリストと呼ばれる
エリック・クラプトン、ジェフ・ベック、ジミー・ペイジ

最近では、どれほどこのカテゴライズが
意味をなしているのかは定かではないが、

自分がロックを聴き始めたときに、
一つの指針になった事には間違いない。



その中でも、ジェフ・ベックは、
一途にブルースを追求していたクラプトンや、
ギターリフでハードロックを確立したペイジに比べると、
やや掴み所がないギタリストだったので、

のめり込んでアルバムを聴いた記憶はないのだが、
第二期ジェフ・ベック・グループの
"Definitley Maybe"だけは別格でかなり気に入っている。


ロックでもフュージョンでもジャズでもブルースでもないが、
そのすべての要素を孕んでいるようなところが、

ジェフ・ベックという捉えどころのないギタリストの魅力を
かえって反映していて面白いのかもしれない・・・


この動画は、アルバム・バージョンでは、
フェイド・アウトしていってしまう
Key.のマックス・ミドルトンのソロがちゃんと聴けるのがありがたい。


Jeff Beck Group "Definitley Maybe"

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://amorfati.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/281

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


oneheart02.gif
samurai.gif

1st album