top profile Live Information Live Movies discography contact store

最近のコメント

Powered by
Movable Type 3.35

« まずはエトーありき・・・ | メイン | 02/27(Wed.)つるとんたん セットリスト »

ブラジルの才女

毎年のように続く来日公演で、
日本ではすっかり御馴染みになった
ブラジル人アーティスト、ジョイス・・・

自分が最初に聴いた、彼女のCD 
”フェミニーナ、そして水と光”は、
同時期に聴いていたブラジル音楽同様に、

ブラジル=サンバ、ボサノヴァといった
ステレオタイプなブラジル音楽のイメージを
打ち壊してくれる一枚だった。

何よりもいわゆるボサノヴァ、サンバの
ギタースタイルとは違った、
洗練された疾走感に新鮮な衝撃を受けたものだ。


それと、ジョイス・サウンドにとって絶対欠かせないのは、
旦那さんである、トゥッチ・モレーノによるドラム。

このドラムがジョイスの弾くギターと絡んで、
芳醇で色彩豊かなサウンドを作り出している。


ロックで言えば、ジミ・ヘンドリクスのギターと
ミッチ・ミッチェルのドラムの絡みを自分は思い出す。

引き合いに出すのには、ちょっと違うか(笑

でも、ギターを弾いて歌う人にとって、
そんなドラマーに巡り合えるって事は、
とっても恵まれていることだと思う・・・


Joyce "feminina"

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://amorfati.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/288

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


oneheart02.gif
samurai.gif

1st album