top profile Live Information Live Movies discography contact store

Powered by
Movable Type 3.35

« 新兵器(moblog) | メイン | 早々に、この時が来たか・・・ »

レコード・コレクターズ3月号、読みました?

レコード・コレクターズ3月号・・・

去年のロック・ベスト・アルバム特集に引き続いて
今年は、ソウル&ファンク ベスト100が特集されている。



栄えあるベスト1は、

マーヴィン・ゲイのアルバム”ホワッツ・ゴーイン・オン”

おそらくこの結果は、
今なら誰もが納得する結果だろう。

もちろん自分も納得している。


しかしながら、今でこそニューソウルは、
90年代のDJたちから生まれた
フリーソウルという新たなカテゴライズの中で、

ブラック・ミュージックのメインストリームへと
そのポジションを移していったように思えるが、


自分がポピュラーな黒人音楽を
聴き始めた80年代半ば頃は、

ニューソウルの立場は、
現在ほどブラック・ミュージックの
メインストリームにはなかったような気がする。


どちらかと言えば、2位、3位に位置している
アレサ・フランクリンやオーティスの持っている
”濃密な黒さ”の中に重きを置いた捉え方がされていた・・・

そんな記憶があるのだが、どうだろう?


いずれにしても時代が変われば、
その音楽の捉えられ方も微妙に変わってゆく、

こういったランキングには、
そんなことが見て取れるから面白い。


YouTubeの動画は、自分ははじめて観たもの。
ピアノを弾きながら歌うマーヴィンも良いが、
後ろでベースを弾いてるジェームス・ジェマーソンの映像に感動・・・


Marvin Gaye "What's Going On / What's Happening Brother"

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://amorfati.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/279

コメント (4)

トモヤ:

動くジェマーソンはじめて見たよ!ちょっとこれは凄すぎるw

ヨコタ:

途中挿入されるイメージ映像はいらないから、
ステージをもっとちゃんと観たいよね。

昔の映像ってこういう蛇足的な演出多いけど(笑

つん:

今、売っているベース・マガジンの3月号のチャック・レイニーのインタビューで、「ジェマーソンが人差し指だけで弾いていたと言われているのは、残っている写真が少ないためで、人差し指だけじゃ弾けないことを演っているのは聴けば判る」と言っているのだけど、限りなく人差し指で演奏しているように見えるね。やっぱし。

ヨコタ:

そうそう中指、薬指は、ずっとピック・アップ・カヴァーの上を
すべる感じで動かしているだけで、弦を弾いてる様子はないよね。

まぁ確かに普通に音だけ聴いたら人差し指だけじゃないと思っちゃうけど・・・

そこが伝説のベーシストのスゴさってもんなんでしょう。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


oneheart02.gif
samurai.gif

1st album