top profile Live Information Live Movies discography contact store

最近のコメント

Powered by
Movable Type 3.35

« 04/06(Sun.) 横浜 ベイクォーター (フリーライブ) | メイン | さくら通りに雨が降る(moblog) »

情報が溢れすぎて流行りものさえ分からない

ワールド・ミュージック・・・という言葉が、
最近、昔ほど使われているのか? 
いないのか?・・・は、定かではないのだが、

自分が10代の音楽少年だった時からくらべ
はるかに音楽のジャンル分けが、
多種多様に細分化されてきていることを考えれば、

今やワールド・ミュージックという大きな括りだけで
音楽を捉える機会も少なくなって来たのは確かだろう。


しかし、その一方で
ワールド・ミュージックという言葉があったればこそ、

インドネシアのエルフィ・スカエシやシンガポールのディック・リー、
アフリカならマリのサリフ・ケイタや、
セネガルのユッスー・ンドゥールのアルバムへ同時に
自然と手を出せてしまうような、

自由に音楽へのアプローチが出来た時代があったことが懐かしい・・・


正直言うと、今のワールド音楽シーンがどうなっているかなど、
自分には知る由もないのだが、

単純に外から見た感想を言えば、
そこには、ワクワクするような自由さよりも、
情報だけが猥雑に散らばった混沌さしか感じられない。


自分が年老いて情報を処理出来る能力が劣ったのか、
情報が人間の処理能力を上回って流れ出しているのか、
それは知らないが、良いものが
正しい形で伝えられてゆく事を切に願いたいと思っている・・・


サード・ワールドは、新世代レゲエなどと紹介されていたようだが、
自分は、ワールド・ミュージックという括りで聴いていた音楽だった。


Third World "Talk To Me"

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://amorfati.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/309

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


oneheart02.gif
samurai.gif

1st album