top profile Live Information Live Movies discography contact store

最近のコメント

Powered by
Movable Type 3.35

« 05/14(Wed.) 渋谷 7th FLOOR | メイン | ライヴではやっぱりそうなるんだねぇ・・・ »

やはりユナイテッドは、カーロス・リベラだったのか?

決勝ラウンド 準決勝 1st.leg
UEFA_Champions_League_logo.jpg

バルセロナ 0-0 マンチェスター・ユナイテッド











今期のバルサの絶不調ぶりを考えると、
ユナイテッドにボコボコにされる可能性も否めないと
予想していた人達が大半をしめていたゲームだったはずが、

そんな不安を見事に払拭してくれるような
いかにも彼ららしいポゼッション・サッカーを展開し、
最後までゲームを支配し続けたバルサ。


もちろん開始早々のロナウドのPK失敗や、
とにかく負けないで2nd legへ折り返そうという、
ユナイテッド側の試合運びの影響も忘れてはいけないが、

あそこまでバルサが息を吹き返して来ることを
予想できた人はどれぐらいいたのだろう???


今シーズンで最高のCL準決勝という舞台、
現在欧州No.1の呼び声高い最高のライバルを迎えて

応援する側も、クラブ内にある問題など
今日は忘れてチームとともに一枚岩になった感がある。


次は、敵地オールド・トラフォードでの2nd leg
両チームともに点を入れなければ勝ち進めない状況・・・

いよいよ本格的に点を取りに来るユナイテッド相手に
さぁ、どうやって点を取りに行きます、ライカールト監督?
ここに来てご乱心采配だけは勘弁して下さいよ。

自分は、攻撃の質が大きく変化する
アンリへの交代のタイミングが
重要な鍵になると思っているのだが・・・


いずれにしても、最後の最後に
こんなに期待させてくれる状況になるとは・・・
これがサッカーが持つ大きな魅力の一つなんだろう。


正直、どちらが勝つとは簡単に言えないゲームになるが、
おそらくそんじょそこらのドラマの脚本よりは
数倍すごい結果が待っていることは間違いなさそうだ。


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://amorfati.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/338

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


oneheart02.gif
samurai.gif

1st album