top profile Live Information Live Movies discography contact store

最近のコメント

Powered by
Movable Type 3.35

« 05/03(Sat.) 下北沢 mona records ★急遽出演決定! | メイン | "ぐっさん"に感謝!!! »

一つの時代が確実に終わった・・・

決勝ラウンド 準決勝 2nd.leg
UEFA_Champions_League_logo.jpg

マンチェスター・ユナイテッド 1-0 バルセロナ











今季最後の望みだったチャンピオンズ・リーグもここで敗退。

キックオフ直後に、アウェーでもバルサらしい
ポゼッション・サッカーを見せるも、
14分のスコールズのゴールで一気にユナイテッドへ状況が傾く・・・


今季先制点を取られた場合、
逆転はおろか、追いつくこともほぼ難しかったことや、

硬い動きでやや形勢不利に立ち上がったように見えた、
ユナイテッドの一瞬の隙を逃さずにゴール出来る、
確実な強さや勢いを考えると、

8割方、ここで勝負がついてしまったと思ったが、
結局、その通りの結果になった。


バルサ・ファンとしては、準決勝敗退は確かに残念だ、
しかし、ユナイテッドの決勝進出は納得せざるを得ないものがある。

やはりユナイテッドには、1st leg から2nd leg、
全体を通して勝つために考えられていた戦略があったと思うし、

それを、ピンチに陥りそうになりながらも
確実に実行に移した真の強さがあった。


かつてのバルサが、敵にどんなに硬く守られても、
ロナウジーニョやラーションが魔法を見せて
チャンスを作ってきたように、

前線の攻撃陣がゴールを取れずに攻めあぐねている時に、
マルケスやベレッチが後方から駆け上がって
得点を決めてくれたように、

勢いをもった真に強いチームは、
もともとの強さに加えて、
土壇場で勝利をつかむ為の”何か”を持っているものなのだ。


そして、その”何か”は今のバルサにはなく、ユナイテッドにある・・・


それは、ロナウドがPKをはずそうが、
ルーニーがケガで出場できなかろうが揺るがないものだったのだ。


この敗退は、バルサの一つの時代にピリオドを打つ
象徴的なゲームになったと思うが、

バルサに最後に引導を渡した相手が
現在最強のユナイテッドで本当に良かったと思う。

さらに、現在のバルサのベスト・メンバーで戦って負けたことも、
新生バルサへと生まれ変わる上で、意味のある事だった。

傷は中途半端なものよりもスパっとやられた方が直りもいいのだから・・・


ユナイテッドだって、2シーズン前ぐらいはどん底だったのだ、
新生バルサの作る、次の黄金時代まで粘り強く見て行くつもりだ。




















追伸

クラシコは、最後の意地をみせて是非勝って欲しい!!

だって、今のレアルが本当の王者に
ふさわしいかというとちょっと違うと思うしね・・・

後、リーガ2位は何とか死守してね、ライカールト監督!!


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://amorfati.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/345

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


oneheart02.gif
samurai.gif

1st album