top profile Live Information Live Movies discography contact store

最近のコメント

Powered by
Movable Type 3.35

« 今、夢中で読んでます。(moblog) | メイン | ワンガンミュージック Web TV »

”人生は風車”なんだから・・・

どんなに素晴らしいアルバムに出会えても、
そのアルバムを一生の友と出来るかどうかとなると話は別になる・・・

過去から現在までを通して自分に影響を与えてくれた
数々のアルバムの事を思い返してみると、

自分にギターを弾く切っ掛けを与えてくれたアルバム、

”歌う”と言うことは、単にメロディを
声にする事だけではないと教えてくれたアルバム、

音楽の持つ理屈抜きの楽しさを教えてくれたアルバム・・・

ひとつひとつ取り上げていったらキリがないほど、
様々な音楽に出会え、救われてきたことを思い出す。


しかし、最初に述べたように、
今後もずっとそばに置いて聴いてゆきたいアルバムとなると、
自信を持ってこれだと言えるアルバムは限られてくる。

音楽に限る話ではないが、
これは、人生の一時期に重要な意味を持つものでも、

自分の成長や新たな出会いや発見で、
自分の中で新鮮さを失い、
過去のものとなっていってしまうからなのだろう。


もちろんたまに昔を振り返りたくなる時もあるが、
それは、久々に昔の親友に街でばったりと
出会った時のような感慨を覚えるの同じ事で、

現在の自分の心を直接揺り動かす出来事とはまた別な事だ。


そう考えると、一生付き合ってゆける友人を得るのと同様に
一生涯、心の友としてゆける音楽に出会うことも
また難しい事と言えるのではないだろうか。


自分がブラジル音楽を聴き始めた頃に出会ったアルバム、
カルトーラの”人生は風車〜沈黙のバラ”は、
そんな数少ない生涯の友となり得るアルバムだ。


Cartola "O Mundo é um Moinho(人生は風車)"

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://amorfati.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/367

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


oneheart02.gif
samurai.gif

1st album