top profile Live Information Live Movies discography contact store

最近のコメント

Powered by
Movable Type 3.35

« 参加者限定ネタですが、(moblog) | メイン | ずっと気になっている謎のお店 »

ピアノの弾き語りが似合う人

ピアノの弾き語りが<似合う>日本人の男性ボーカリストは、
どれくらいいるのだろうか?と、ふと思った・・・

単純にピアノを弾いて歌った人、
また、その条件を海外や女性ボーカリストにまで広げれば、
すぐに思いつく人も、確かに何人かはいるが、

しかし、日本人、さらに男性ボーカリストで、
ピアノの弾き語りが<似合う>となると、

あの人でもないし、この人も違うなぁと思う事が、
ほとんどで、今一ピンと来る人がいない。


これは、あくまでも自分の基準だが、

ピアノの弾き語りが<似合う>ボーカリストなら
まず第一に、バラードの名曲を持っていて欲しい。

それに加えて、ピアノのアコースティック感と
しっとりと溶け合うような、
湿度や重みがある声質であって欲しい。

後、鍵盤を弾くシルエットが軽々しくなく、
教会で説教をする聖職者のような
説得力が滲み出るようなものであって欲しい・・・

一言でいうなら、大人の雰囲気を持っていて欲しい・・・

おそらくこのイメージは、”レット・イット・ビー”や
”ヘイ・ジュード”を歌うポール・マッカートニーの姿から
自分の中に刷り込まれたものなのだが、

ポールがピアノ弾き語りの理想形だと言えば、
大体の人たちは納得してくれると思う。


まず大人の雰囲気といった時点で、
多くの日本人の男性ボーカリストたちが、
ふるい落とされてしまう気がするが、

それでも最後まで残る数少ない人たちの中に、
この人は、確実にいるんじゃないかと思う・・・


来生たかお ”無口な夜”

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://amorfati.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/390

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


oneheart02.gif
samurai.gif

1st album