top profile Live Information Live Movies discography contact store

最近のコメント

Powered by
Movable Type 3.35

« 傷を舐め合う道化芝居・・・ | メイン | うまく乗り切れたと言って良いでしょう »

アンパンマンに、本当の正義をみた・・・

ほんとうの正義というものは、決してかっこうのいいものではないし、
そして、そのために必ず自分も深く傷つくものです。

また、私たちが現在、ほんとうに困っていることといえば、
物価高や、公害、餓えということで、
正義の超人は、そのためにこそ、たたかわねばならないのです。

~やなせたかし 絵本「あんぱんまん」あとがきより















現在、NHKの「知るを楽しむ~人生の歩き方」で、
アンパンマンの作者、やなせたかしさんが、特集されている。

抜粋箇所は、番組でも紹介された、
アンパンマンの最初の絵本のあとがきから。

やなせさんが作品を通して伝えようとしているテーマが
凝縮されている、胸に響く言葉だと思う。


いわゆる正義というのは、一種のイデオロギーであって、
それを押し通した、人であり、国でありが
結果として勝ち取るものであるから、

誰かをやっつけたり、力を誇示するような存在が、
本当の意味での正義だとは、決して言えないわけだ。


アンパンマンが、やなせさんのおっしゃっている、
本来の意味での正義のために活躍しているんだとしたら、
彼が、老若男女問わず愛されるのは、当然のことだろう。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://amorfati.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/475

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


oneheart02.gif
samurai.gif

1st album