top profile Live Information Live Movies discography contact store

最近のコメント

Powered by
Movable Type 3.35

« ”20世紀少年” | メイン | ブラジル音楽界の誇る天才兄妹 »

ちっぽけな人間

いかにおもちゃだと思うように努力するかっていう勝負なの
これは、本気になっちゃまずいぞっていう、
いつでも失敗する勇気がないとダメだなっていうね・・・

守りに入って、色んな映画勉強して、
いい映像なんかみて、カメラワークみて、
オレもやろうってなんか思うようになったら終りだぞって・・・なんてね

~北野たけし クエスト探求者たち(wowow)から















良いものを作ろうという気持ち、また、そのために
日々勉強しようと思う気持ちは、何の分野においても、大切なこと。

しかし、その考えが、手かせ足かせとなり、逆に、
当たり障りのないつまらない作品を生み出すことにつながる事がある。


言ってみれば、良いものを作ろうという発想が、
失敗のない作品を作ろうという気持ちにつながり、

創造してゆく上で、挑戦する勇気を削いでしまい、
ダイナミックな発想を妨げてしまう、といったら良いだろうか。


そして、そういった挑戦とは、北野監督のような
実績があって、高い評価を受けている人ほど難しいと言える。

挑戦とは、今までの自分を乗り越える事を意味し、
それまでの自分を否定することにもなりかねない事だから・・・

また、持てる者ほど、失うものに対する恐怖も大きくなるものだ。


しかし、逆に考えてみれば、失敗だらけで、ちっぽけな人間ほど、
失うものがない分、ダイナミックに勇気を持って
色んなことにチャレンジ出来るとも言えないだろうか?

そう思うと、時に、小さなことで守りに入ろうとする自分が
バカらしく、ひどく恥ずかしく思えてくるのだ。


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://amorfati.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/482

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


oneheart02.gif
samurai.gif

1st album