top profile Live Information Live Movies discography contact store

最近のコメント

Powered by
Movable Type 3.35

« アモ~レ!アモ~レ!アモ~レ!!! | メイン | GAP!!! »

グアルディオラ監督就任を1年前から推薦していた慧眼

リーガ・エスパニョーラ 第9節
liga_espanola.jpg
マラガ 1-4 バルセロナ











2試合前まで、マスコミはバルサを“さんざんなチーム”と批判しながら、
今になって“新ドリームチーム誕生”などとほめそやしている。

わたしは常に『このバルサはいいチームだ』と言ってきた。なぜだか分かるかい?
なぜなら、わたしはプロで、君たちはそうじゃないからさ

~ヨハン・クライフ スポーツナビ 2008.10.28付記事より


これは、最近、伝説の元オランダ代表14番、そして
バルセロナの元監督だった、ヨハン・クライフが、
ゴルフクラブが主催したイベントで、マスコミに対して言った言葉だ。

なんだか、現在のバルサの好調具合と同時に、
単に人目に付く記事を、興味本位で書きたてる
マスコミのモラルのなさや軽薄さが、うまく現れていて面白い。


今節は、雨でピッチも最悪なコンディションとなり、
バルサらしい華麗なパス・ワークは、期待できない状況・・・

さすがにメッシのドリブルも、今日は、左FWだった
イニエスタの前線でのボールさばきにも支障が出たが、

全体での守備の堅さや、エトー→アンリ→シャビで決めた3得点目のような、
前線、中盤のプレイヤーが、縦に入れ替わる連携といった、
現在のバルサの長所は、維持されたゲームとなったと思う。


それと、今日、ほとんど攻撃に絡む事がなかった、左SBに入ったプジョルも、
リードしている余裕もあってか、終了間際に、
前線までボールを持ち込んでシュートを打っていたが、

近い内、似たような状況になった時、プジョルが
ゴールする所を見られるかも知れない・・・なんて予感がした。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://amorfati.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/485

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


oneheart02.gif
samurai.gif

1st album