top profile Live Information Live Movies discography contact store

最近のコメント

Powered by
Movable Type 3.35

« まぁ結局ソロアーティストが好きな自分だが・・・ | メイン | 人生は風車・・・それでも、ボクは生きてゆく »

この普遍性には何かある。

☆☆☆ 2008 YouTube Movie Best 5 ☆☆☆

年末特別企画として、今年、ブログで
紹介して来たYouTube動画から、
印象に残った作品ベスト5を選んで、大晦日まで連日アップ!!!

番外編・・・

東京放送児童合唱団(酒井司優子) ”コンピューターおばあちゃん”


2008/04/20 up!!!


今回は、4月にアップしたコスミック・インベンションのバージョンとは違う、
坂本龍一編曲の”みんなのうた”バージョンをアップしてみた。。

オリジナルは、コスミック・インベンションの方ということだが、
やはり誰もが知っているのは、
こちらの”みんなのうた”の方バージョンだろう。


自分にとっては、子供時代の遠い昔の曲なので、
いくら名曲だったとしても、なぜこれほどまでに、
多くの世代の人が、この曲の事を知っているのだろうかと思っていたのだが、

Wikipediaで調べてみると、これまでに
なんと現在まで11回の再放送があったと言う事がわかった。

しかも、最後に再放送されたのが、2007年4月・・・ちょっと前の事だ。


コンピューターという言葉や、テクノポップのアレンジといった
この曲が生まれた当時を象徴するものを、
全面的に売りにしているにもかかわらず、
世代を超えて支持される普遍性を持っているところが面白い。


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://amorfati.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/521

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


oneheart02.gif
samurai.gif

1st album