top profile Live Information Live Movies discography contact store

最近のコメント

Powered by
Movable Type 3.35

« さぁここからはプレミア勢との対決だ~!! | メイン | 肩から力を抜いた時に真のブルースが見えた!? »

ボージャン良かったな!!

リーガ・エスパニョーラ 第27節
liga_espanola.jpg
アルメリア 0-2 バルセロナ











今季リーガでの二度目のボージャンのスタメン出場。

前回はエトーをセンターにおいた右FWでの出場で、
さらに、彼の得点力を生かしてくれる
メッシもイニエスタもいない状態でのスタート、

正直、ボージャンの力が発揮できる展開になるか疑問だったが、
やはり、点を取れないままの交代となり、
本人もベンチで涙を飲むことになった・・・


そんな前回とくらべ、イニエスタ、メッシ、シャビが揃った状態で、
3トップのセンターとしてスタートできる今回は、
試合開始前からゴールの可能性を感じさせるものがあった。

逆に言えば、ボージャンにとってこの好条件でゴール出来なければ、
今後の彼の立場を危うくする事になりかねなかったはずだが、

結果として、キッチリと2点決める事が出来たことは、
前シーズンにみせてくれた得点力が
フロックではないことの証明になったことだろう。






























omake

3月に入って、国王杯(コパ・デル・レイ)の決勝へ進出し、
リーガではマドリードとの差を広げ、
そしてチャンピオンズリーグではベスト8進出を決めたバルサ・・・

勝利が得られなかった2月が早くも遠い昔のことのように感じるが、

ここで、バルセロナのご意見番ヨハン・クライフ氏が
バルサに対する世間の評価が揺らいでいた時期(2/23)に、

スペイン紙『エル・ペリオディコ・デ・カタルーニャ』の連載コラムで
2月のエスパニョール戦の敗戦について語っていた文章を、
忘れないうちに抜粋しておこうと思う。


ダービーの敗戦には満足している。

そんな考えを持つクレ(バルセロナファン)は間違いなく私だけだろう。


変に思われるかもしれないが、

試合内容、時期、対戦相手、舞台と、全てがパーフェクトな敗戦だった


今、ホームで、ヨーロッパではなくリーガで負けたのが良かった。

これがチャンピオンズの1stレグだったら敗退に直結しかねなかったが、

リーガでは余裕を持って首位を維持している。

相手も直接順位を争うライバルではなかった。


この失敗は後の結果に何の影響も与えない可能性が高い

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://amorfati.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/585

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


oneheart02.gif
samurai.gif

1st album