top profile Live Information Live Movies discography contact store

最近のコメント

Powered by
Movable Type 3.35

« 音楽と記憶の結びつき | メイン | ヒッピーに捧ぐ »

星空のバラード

☆☆☆2009 YouTube Movie Best 5☆☆☆

年賀状書いたか~!!!

特別編

真夏竜 ”星空のバラード”

”この歌にはマジで涙した・・・” 2009/04/27up!!!


もったいぶったわけではないが、前回ブログアップした時は、
この曲がなんのドラマの挿入歌かはあえて書かなかった。

まぁ答えをいえば、「ウルトラマンレオ」の挿入歌なのだが、
ただの挿入歌という扱いだけでは
もったいなさ過ぎるほどの名曲だと、繰り返し聴く度に思う。

思えば、音楽をずっと聴き続けて色々な名曲を耳にして来たわけだが、
理屈ぬきに涙が出てしまう曲がどれほどあったことか・・・

この曲もそうなのだが、自分の中で数限られた
涙してしまう歌を思い返してみると、どの曲も共通して歌い手が、
いわゆる歌の上手な人じゃなかったりする場合が多い。

自分が好きなバート・バカラック、ニール・ヤング、デニス・ウィルソンなど
皆、歌が上手いというよりは個性派とされている人たちだ。

おそらく歌えるか歌えないかのギリギリの所で出てくる声の中に
歌い手の素直さとか偽りのない心を感じるのかもしれない。

YouTubeには、最近の真夏竜のライヴで歌われた
 ”星空のバラード”もアップされているのだが、
そちらの方は、さすがに年季が入ってそれなりに上手く歌われている。

しかし、正直いってオリジナルの歌の不安定な中に感じられる
ピュアさや、透明感が感じられず、この歌の本当の魅力を
引き出しているとは思えないのが少し残念だ。仕方ないが・・・

でも、上手くなってからよりも、昔の多少ヘタだった時の
歌の方が良かったなぁと思えてしまう
ボーカリストって、以外と多かったりしない?




















omake

ウルトラマンレオの最終回で、星空のバラードが挿入歌として使われている、
主人公おおとりゲン(=レオ)が去ってゆくシーン

このシーンを見ながら当時のマコト少年は涙しました・・・


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://amorfati.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/739

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


oneheart02.gif
samurai.gif

1st album