top profile Live Information Live Movies discography contact store

最近のコメント

Powered by
Movable Type 3.35

« 10-11シーズン開幕!!その前に・・・ | メイン | 「夏の終わり」は未だ遠そうだけど・・・ »

やっぱりイブラはイブラだったか・・・

リーガ・エスパニョーラ 第1節
liga_espanola.jpg
ラシン 0-3 バルセロナ











事前にW杯があった今シーズン、
バルサの一番の敵は、疲労だと言われているが、

リーガ開幕前の、スーペル・コパやジョアン・ガンペール杯、
そして、開幕戦と期待以上の結果を出してくれている。

とにかく大きなケガ人が出ずに、うまくチーム内で
ローテーションしていってくれることを祈るばかりだ。


それはそうと、とうとうイブラヒモビッチのミランへの放出が決定した。

個人的には、彼の能力は、伝統的なバルサスタイルに
プラスアルファを与えてくれるものだと信じてもいたので、

チームに適応できなかったこと、又、グラルディオラ監督との
信頼関係を築くことが出来なかった事は大変残念に思う。

彼自身が、バルサでやってゆきたいという気持ちがあったら、
今シーズン、充分にその可能性があったと自分は信じていた。

前シーズンの途中ぐらいに、彼の代理人からグアルディオラに対して、
その起用法を巡ってかなり過激なコメントが出ていたが、
それはイブラの気持ちをそのまま代弁しての事だったのだろう。

なんせイブラが報道陣に対して最後に語った言葉は、
「これこそ“賢人”グアルディオラが望んでいた結末だ」というのだから・・・

結局、1シーズン目に結果を出せなくても、
次のシーズンにバルサスタイルを受け入れて、
献身的に活躍したアンリとはその辺が違かった。

入団当初は、イブラは、彼らしくない、かなり優等生なコメントを発していたが、
やはり良い悪い別として、イブラはイブラだったんだなと思う。

やっぱり本当のサッカーは、TVゲームとは別だからね、
人間同士がやってるから難しいんだろうし、また面白いと言える・・・

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://amorfati.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/886

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


oneheart02.gif
samurai.gif

1st album