top profile Live Information Live Movies discography contact store

最近のコメント

Powered by
Movable Type 3.35

« 雨が降って来て、気持ちがゆるむとブルーになる | メイン | 取り合えず10月の日本代表戦では無理っぽい »

レイドバックと言えば、この曲

■□■Friday Night Special!!!■□■

一時は、一番のフェイバリット・バンドだった、
オールマン・ブラザーズ・バンド

24歳の若さで、この世を去ったリーダーで、
リードギタリストのデュアン・オールマンに憧れて、

身分不相応にレスポールを手に入れ、
ブルーズのレコードを流しながらアドリブの練習をしまくったっけ・・・

ちなみに、デュアンは、2003年にアメリカの音楽誌ローリング・ストーンが、
歴代のギタリストを格付けした
「歴史上最も偉大な100人のギタリスト」の中で、

一位のジミ・ヘンドリックスに次いで、堂々の二位にランキングされている。



中々、70年代前半のオールマンのまともな映像は
観る機会がなかったのだが、
今回、73年の映像がアップされているのを見つけた。

ちょうど、デュアンが亡くなって、最初の黄金期を終え、

ボーカル&キーボードのグレッグ・オールマンと、
もう一人のリードギタリスト、ディッキー・ベッツとの
二頭体制での第二次全盛時代へと入った頃の映像だと思う。

亡き兄デュアンの代わりにバンドでの責任を負うようになった
グレッグは、この頃が一番やる気があったと思うし見た目もカッコ良い。

アメリカでは、まさに南部を中心とした音楽シーンが
注目されていた時代だったし、まさに彼らの時代だった。

アップ曲、”ミッドナイトライダー”は、
オールマン・ブラザーズ・バンドの名曲であると同時に
グレッグ自身がソロアルバムでも取り上げるほどの彼自身の代表曲。

このゆったりとしつつブルージーな感覚を、
いわゆるレイドバックと言うのだが、

自分は、デュアンのギターと同時に、
グレッグのこのレイドバック感も大変好きだった・・・

ホントは、もう少しこういう曲を作れたと思うのだが、
どっかでグレッグは、音楽的なハングリーさを
失ってしまったような気がするのが残念だ。


Allman Brothers Band ”Midnight Rider”

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://amorfati.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/897

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


oneheart02.gif
samurai.gif

1st album