top profile Live Information Live Movies discography contact store

最近のコメント

Powered by
Movable Type 3.35

« 追悼 野沢那智!そして、コブラよ永遠に!! | メイン | そよ風の変化球 »

考えられうる最高の布陣で勝負

リーガ・エスパニョーラ 第9節
liga_espanola.jpg
バルセロナ 5‐0 セビージャ











中盤に、チャビ、イニエスタを置いた4-3-3のフォーメーション、
現在、考えられうる最高の形だろう。

もっともライカールト時代から、この中盤にチャビ-デコ、
チャビ-イニエスタといったゲームコントロールに長け、

且つ、足元の技術があるプレイヤーを置いた4-3-3は、
本来のバルサの定番の形でもあるのだろうが、

グラルディオラは、きついゲームローテーションを乗り切り、
又は、手詰まりを防止するためか、
最近は、ビッグゲームにならない限りこの形を使ってこない。

実際、ライカールト時代のチームは、この定番以外の
有効なフォーメーションを持っていなかったために、
一度、手詰まりになると他に有効な手の打ち方がなかった。

グアルディオラは、チャンピオンとして勝ち続けるために
その部分には就任当時から本当に気を使っていると思う。

それで、今節結果がこのように出て、やはり
本気のバルサはスゴイなということを証明できたのは嬉しい事だ。

特にビジャの2得点目のスーパーゴールが堪らなかった。
クラシコへ向かって良い兆しが沢山見えてきたゾ!!!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://amorfati.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/923

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


oneheart02.gif
samurai.gif

1st album