top profile Live Information Live Movies discography contact store

最近のコメント

Powered by
Movable Type 3.35

« すべての気高く孤独な男達へ | メイン | 何気に最近一番気になるのは宮市だったりするが、 »

出番がなくても頑張る人と、誰かのせいにする人

リーガ・エスパニョーラ 第24節
liga_espanola.jpg
マジョルカ 0-3 バルセロナ











客席には、地元マジョルカ島出身の現男子テニスNO.1プレイヤー、
ラファエル・ナダルの顔もあった今節は、
日本選手、家長昭博選手も所属するマジョルカとの一戦。

試合後もペップ監督がインタビューでも触れていたらしいが、
ケイタの重要性が光ったゲームだった。

シャビ、プジョル、バルデス、アウベスといった主力を欠いている
この時期に、ケイタのような選手がいることが今のバルサの強みだ。


今までのケイタに対しては、前線にいるFWのイニエスタが、
ボールをキープしている所に、二列目から飛び出して

ボールを貰ってシュートするような、
二列目からのゴールゲッターのイメージを持っていたので、

今節、シャビの役割にイニエスタがまわり、
前線には3人のゴールゲッターが揃っている状態で、
どうなるのかと思っていたのだが、

中盤から、前線へ飛び出すFWへ速い縦パスを送ったり、
メッシのアシストとなるループ気味のパスを出したりと、
中盤のプレイヤーとしてテクニカルな面を見せてくれたのが面白かった。


ちなみに、ペップ監督のスタメン起用の考え方をみていると、
昨シーズンと今シーズンとでは
明らかに違うと感じられる部分があるのだが、

そのお陰で、一時期よりも活躍の場が減ってきてしまったケイタが、
ここに来て重要な役割を果たすことが出来るという事は、
日頃から、準備に怠りがなかったんだろうなと思われる。

やっぱり、出番がないからといって、それを誰かのせいにしたり、
努力を怠ってはいけないということなのだろう。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://amorfati.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/980

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


oneheart02.gif
samurai.gif

1st album