top profile Live Information Live Movies discography contact store

最近のコメント

Powered by
Movable Type 3.35

« ありがとう、シンディ!!! | メイン | 希望することは・・・ »

力差があるチームほど怖いもの

リーガ・エスパニョーラ 第31節
liga_espanola.jpg
アルメリア 1-3 バルセロナ











次節は、いよいよクラシコだ!と、
気持ちが早くも次ぎに向かいたくなってしまうが、
今節もなかなか見所の多いゲームとなったではないだろうか?

アルメリアは、現在リーガの降格争いをしているチームだが、
バルサの場合は、そういった力差が
ハッキリとしたチームに苦しめられる事が多い。

敵は、負けてもともと勝ったら大金星というのがわかっている分、
思い切り良く戦いを仕掛けてくるし、
ガチガチに守ってカウンターを取って来ることが多いからだ。

それに引き換え、絶対に勝ち星を落とせないバルサとしては、
千に一つのラッキーパンチが当って、

その後、全身を投げ出して守りきられでもしたらと考えると、
なかなか気持ちの持ち方が難しいわけだ。

観ている方も当然そんな気持ちで応援しているのだが、
今節は、先制点がアルメリアに入ったことで、
一時は、好ましくないまさかの状況が作られてしまった。

すぐに一点を返した所が、このチームのさすがの強さではあったが、
ペップ監督が、毎節言葉を選び、

慎重に慎重を重ねて相手をリスペクトしていることも
大袈裟な事ではないんだなという事が、又、証明された気がする。

マスチェラーノの欠場による中盤の底はどうするのか、
ボージャンの長期離脱、そして未だに戻れないプジョルの事など、

今まで自分が知っているベストメンバーでの戦いが難しい
リーガでのクラシコになったが、

チアゴの活躍など、新戦力、又は、新戦術の誕生に期待したい。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://amorfati.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/990

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


oneheart02.gif
samurai.gif

1st album