top profile Live Information Live Movies discography contact store

最近のコメント

Powered by
Movable Type 3.35

« スーちゃんへ”微笑がえし” | メイン | 現在の日本社会が若かった頃のお話・・・ »

守備陣に故障者続出・・・

リーガ・エスパニョーラ 第33節
liga_espanola.jpg
バルセロナ 2-0 オサスナ











惜しくも逃した国王杯、そこで疲労したレギュラーを休ませるため、
又、控え選手の力量や成長を確認するためもあって、

先発には、ジェフレン、チアゴ、アフェライといった、
今後のチームのために成長してくれなければ、
いけない選手たちがスタメン起用となった。

結果的には勝利することは出来たが、
正直、スタメンの新戦力たちの活躍は今一つ。

ペドロが出てきた時、少ないチャンスで
チームを救うような決定的な仕事を何度もしていた事や、

ブスケツがチームに溶け込むのに
時間が掛からなかった事を思い出すと、

特に、カンテラ組は、もうちょっと
気の利いたプレーが出来なくては
ペドロ、ブスケツには続けないだろうなと思う。

後、アフェライは、すでに国際的な舞台で戦っている選手なので、
カンテラ組みとはまた違った溶け込み方が必要だと思う。

やっぱり、前線のサイドから中へ入って行くような
バルサスタイルに慣れてゆかないと辛いのかな・・・


次は、CLでクラシコの3戦目となるが、
今回のCLで勝ち抜くことが出来ないようだと、
現在の戦術のサイクルはある意味終わりなのかなとも思う。

もちろんメッシ、イニエスタは、当然のこと
シャビにしたって30を越えてもまだまだいけると思うので、
かなり乱暴な言い方かもしれないと言うことはわかっている。

しかし、現在の攻撃の組み立てに関しての対策は、
ある程度、誰の目にもハッキリして来てしまった。
それを実行出来るかどうかは、別であるとは思うが・・・

現に、今回レアルは、完全とはいえないが、
ゲームの半分でそれを実行出来てしまっている。

やはり、そろそろ他のチームが対策が立てられない
新たな起爆剤になるとなる選手が必要なのではないだろうか?

もちろん現勢力が急成長してくれることが望ましいのだが、
やはり、いろんな意味で、あの選手が
バルサの「4番」になってくれるのが一番望ましいような気がする・・・

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://amorfati.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/998

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


oneheart02.gif
samurai.gif

1st album