top profile Live Information Live Movies discography contact store

最近のコメント

Powered by
Movable Type 3.35

« ベンチャーズの人の顔がわからん | メイン | メッシとボージャンの知られざる関係??? »

あなたは、ムリムリって言う人ですか?

■□■Tuesday Discover Japan!!!■□■

最近の子達は、何のためらいもなくムリムリと口にするそうだ・・・

苦しいときや難しいことに、汗水たらして挑戦するなんてイメージは、
今や格好の悪い事かのように扱われているのだろう。

しかし、やっぱり時代の風潮がどう変わっても、
無理だと思われる事に、汗と涙と鼻水とヘドで
グチャグチャになって挑戦する事の大切さを自分は忘れたくはない。


自分が幼かった頃観ていた”がんばれロボコン!”なんて
毎回、笑えるほど無謀な頑張りを見せてくれていたものだ。

家事の手伝いをしようとして、家じゅうを破壊しまくったり、
ロボガリにガソリンを供給するために
勝手に大山家にガソリン代のツケを回していた事もあった、
又、溺れた人間を助けようとして自分が溺れる事もたびたび・・・

確かに、愚かと言えば愚かな頑張りなのだろうが、
なぜかその姿に胸を打たれるような思いをさせられたものだ。


経済が成長を続け、努力した分、
結果がついて来ていた過去の時代と比べれば、
確かに、今の世の中は、努力をしたところで結果が出なかったり、
人と同じように頑張っても格差が出てしまう時代だと言えるだろう。

無理をしたって大して結果なんて変わらない、ヘタをすると
努力したり挑戦する事で余計に悪い結果を招く・・というのなら、
変な頑張りなどせずに自然体でいられる場所や人々の中で生き、
あるがままの結果を受け入れて生きていたいという気持ちも理解できる。

しかし、それは結果や見返りを期待し過ぎている事の
裏返しであると言うことも出来ないだろうか???


結果や見返り、そして自分の今持っている力なんてことを考えずに、
本当にこうしたいと思うことに無謀にも挑戦するロボコンを見ていると
汗と涙で努力する愚かな生き方を忘れたくはないと思うのだ。

ロボコン、ロボコン、ロボ根性!!!


”がんばれ!!ロボコン” 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://amorfati.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/1065

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


oneheart02.gif
samurai.gif

1st album