top profile Live Information Live Movies discography contact store

Powered by
Movable Type 3.35

« マジョルカ戦での本当の主役は? | メイン | 最近のマクロスの事なんて知らねぇけどよぉ・・・ »

ドラマ編レコードって覚えてる???

■□■Tuesday Discover Japan!!!■□■

角川映画アニメ「幻魔大戦」のテーマ曲”光の天使”
子供の頃に聴いた曲というのは永遠に色褪せないもので、
何年かに一度は思い出したように聴き返したくなってしまうものだ。

「幻魔大戦」は、メディアミックスをうたっていた角川映画全盛期を
象徴する作品の一つだったと思うし、
大友克洋さんのキャラデザインも当時の最先端だった。

下で紹介している動画を観ても、これぞ映画といった絵の作り方で、
改めて時代を超えた気合が伝わって来る。


ところで、当時は、こういった映画が上映された後に、
サントラ盤レコードの他にドラマ編と銘打ったレコードが
発売されていたのをご存知だろうか?

今のようにDVDやBRが安価で買える時代でもないし、
レンタルビデオ店もアダルトが大半を占め、
セルビデオなどは、おそらく1万8千円ぐらいしていたあの頃、

一度観た映画を、好きな時に見返すという機会は、ほぼ無いに等しかった。
そんな人達向けに出されていたのがドラマ・レコードというもので、
映画の全編の音だけをそのままレコードにしただけという代物なのだ。

映像の無い音だけの映画をラジオドラマのように聴きながら、
映画館で観た映像を頭の中で反芻しながら楽しむという
今の時代ではとても考えられないものだが、
当時は、それだけでも充分に満足出来たものだった。

この「幻魔大戦」もドラマ編レコードが当然発売されていて、
自分も友達に借りてカセットテープにダビングし、
何度も夜寝る前などに繰り返し聴いたものだ。


こうして当時の事を書いていると色々なことが記憶に蘇って来る・・・
「幻魔大戦」は、上映前日に前夜祭と称してラジオで特集が組まれて
小学生ながら頑張って深夜に起きて聞いたなとか、

そういえばハルマゲドンなんて言葉を初めて聞いたのは
この映画の宣伝からだったなとか・・・
いずれにしても大人になってからじゃ味わえないワクワク感があった。


又、テーマ曲も英語の歌だという所が、子供達にとっては、
すごく垢抜けて感じられたものだった。

良く子供の頃に感動したものを大人になって味わい返すと
大したもんじゃなかったなんて事があると思うのだが、
この曲に関して言うと、やはりその良さは
間違っていなかったなという事を聴くたびに実感出来るのだ。


"光の天使 CHILDREN OF THE LIGHT"ローズマリーバトラー

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://amorfati.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/1072

コメント (4)

小林純一:

お久しぶりです!
幻魔大戦と聞いちゃあ黙ってられんぞ! 絶対冷度ぉ〜っ!
キース・エマーソンのキーボードが最高ですよね、この曲。
15〜6年ほど前にご実家で聞かせていただいた、ガンダムのドラマ・レコードのことも思い出しました(^^。

amor"ヨコタ"fati:

どうも!ご無沙汰!!

幻魔大戦のサントラは、しっかりiTunesに入れてますが、
キース・エマーソンの曲と半々で入っている、
銀河鉄道999のサントラも作っている青木望さんの曲も結構いい!!

特に、”サイオニクス・プリンセス”って曲で、
おそらくカフーに石にされた丈が、
お姉さん(残留思念!!!)に助けられる時にかかる曲!!

小林純一:

早速youtubeで聞きました。
安らぎのメロディっすね!
自分的には、血湧き肉躍る「地球を護る者」が最高す!

amor"ヨコタ"fati:

自分も「地球を護る者」がやっぱり最強だと思うよ!!!
子供の頃は、アレが頭の中でかかるだけで空を飛べる気分になれたもんだ・・・

パーパーパッパーン♪ デレデンデンデンデン デケデケデン♪

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


oneheart02.gif
samurai.gif

1st album