top profile Live Information Live Movies discography contact store

最近のコメント

Powered by
Movable Type 3.35

« 12月の雨 | メイン | 失うものは何も無い »

バルサは一日にして成らず・・・

リーガ・エスパニョーラ 第16節
liga_espanola.jpg
レアル・マドリー 1-3 バルセロナ











試合の立ち上がり、これ以上ない最悪のタイミングで、
バルデス、久々の大ポカを見せて、相手にゴールをプレゼント。

世界中のバルセロニスタが一斉に動揺した事と思うが、
そこから崩れる事無く何とかギリギリで試合を安定させたバルサ。

今思うと、まずそこが勝利への一歩だったのかもしれない。
そして、前半中に1点返せた事も大きかった。
しかも新戦力であるサンチェスのゴールというのも良かった。

その後、後半に入り変則的な3-4-3とシフトさせた采配から
2得点をたたき出し、結果、1-3の勝利。

レアルにとっては、勝ち点を少なからず上回り、
文句のない強さで好調を維持し続けていただけに
かなりショックな敗戦になったと思う。

実力のあるチーム同士のビッグゲーム程、チーム哲学の差というか、
その成熟度が勝敗を分けるように、自分には見て取れた。

まさに、バルサは一日にしてならず・・・といったところか。


一方、今のレアルには、常にピンチなった時に立ち返る事の出来る哲学や
魂となってチームを引っ張るプレイヤーが存在していない気がする。

正直、ラウールのようなクラブの魂となるプレイヤーや、
又は、グティ(問題は多かったが)のような生え抜きがいたら、

今回、ロナウドが外した2回のチャンスや、
イグアインが押し込めなかったチャンスのどれかは、
絶対、ゴールに結びついていたように思うのだが・・・どうだろう?


今のレアルの心の拠り所と言えば、モウリーニョのみ。

それも、彼が強気のヒール役となった時に限るので、
ロナウドが、チャンスを絶対にものにして、
ピンチのチームを鼓舞する存在に成長でもしない限り、

再び、モウリーニョは舌戦を仕掛ける悪役の立場を
取らざるを得なくなってくるのでは・・・という気がする。


しかし、勝ち点では、レアルはまだリードを続けている。
バルサは、今後も負けはおろか引き分けも許されない状況が続く。

リーガが、どうなってゆくのか、
ファンにとっての楽しみは、まだまだ続きそうだ。


<追伸>
そういえば、予想していたセスクの大爆発・・・まではなかったw
もちろんゴールは、さすがの一発だったけどね。

やっぱり、ゲームメイクという意味では、
メッシ、シャビ、イニエスタだったかな。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://amorfati.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/1084

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


oneheart02.gif
samurai.gif

1st album