top profile Live Information Live Movies discography contact store

最近のコメント

Powered by
Movable Type 3.35

« バルサは一日にして成らず・・・ | メイン | いよいよ決勝!!! »

失うものは何も無い

■□■Friday Night Special!!!■□■

大学時代に、プログレッシブ・ロック、
いわゆるプログレ好きの先輩がいた。

自分は、当時全くプログレなんてものに興味は持っていなかったが、
それでも、さすがにキング・クリムゾンは知っていたし、
イエスは「危機」などのアルバムは好きだったので、

プログレと言われれば、音数が多く、やたら曲が長くて
難解に作られた音楽だ、ぐらいのイメージは持っていた。

少なくとも大学生レベルで真似が出来る音楽とは思っていなかったので、
その先輩が、オレはプログレバンドをやっているんだと言った時、
失礼な事に、はぁ~そうなんだぐらいにしか捉えてなかった。

しかし、実際に演奏を聴く機会になってみると、
先輩は、ジョン・ウェットンのごとく、ベースを弾きながら歌い
ハモンドオルガンやアナログシンセが唸りを上げる、
まさにUKのようなバンドの演奏がはじまったのだ。

プログレのカバー曲を生で聴くだけでも、
とても価値があるものだったと思うが、オリジナル曲も名曲だった。
デモテープ、ちゃんと貰っておくべきだったかなぁ・・・

とにかく自分と大して変わらない年齢の人たちが、
こういった演奏が出来るんだということに素直に驚いた。

それをキッカケに、それまで興味のなかったプログレにはまり出し・・・
ということまでは、なかったのだがwww
その時にバンドが演奏していた、UKの
”NOTHING TO LOSE”は、今でもお気に入りの曲だ。

振り返れば、ずいぶんと昔の思い出なのだが、
この場を借りて、この曲を教えてくれた先輩に感謝したい。


"NOTHING TO LOSE" UK

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://amorfati.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/1085

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


oneheart02.gif
samurai.gif

1st album