top profile Live Information Live Movies discography contact store

最近のコメント

Powered by
Movable Type 3.35

« ワイルドなモータウンといえば・・・ | メイン | 水曜だけど昨日の記事です・・・ »

記憶の中だけにあった名曲と20年ぶりに出会う

■□■Friday Night Special!!!■□■

昨日ふと昔見た映画のテーマ曲のことを思い出した。
その映画とは、ウディ・アレンの初期の作品で、
原題は”Take the Money and Run”、邦題は”泥棒野郎”の事だ。

TVで放送されたものをVHSへ録画し何回も観たものだ。

コメディアンらしさが全面に出ている内容も面白かったが、
オープニングとラストで流れてくるテーマ曲が大好きだった。

軽快でポップな味わいがありながら
映画のサントラとしても品格を保ったなかなかの名曲だったのだ。


その曲を、是非、もう一度聴きたいと思い、
まずサントラアルバムを探してみたが、これはまずナシ。

次に、YouTubeにを探した所、
映画自体をぶつ切りにアップしている人、発見!!!
20年ぶりくらいに記憶の中にあった名曲を聴く事が出来た。

さらに調べてわかった事、気になるこの記憶の中の名曲の
作曲者名は、マーヴィン・ハムリッシュ

自分は勉強不足ではじめて知った名前だったのだが、
”スティング”や”コーラスライン”、”007 私を愛したスパイ”、
”追憶”といったおなじみのサントラを書いた名作曲家だったのだ。

彼のキャリアのピークを”追憶”や”スティング”の頃、
70年代中頃と考えると、この”泥棒野郎”ができた1969年は、
まだまだこれからの若手作家だったと思うのだが、

そんな彼にサントラを任せるとは、
さすが音楽マニアのウディ・アレンだけあって、
先見の明がある選択だなと感心してしまう。


バート・バカラックやヘンリー・マンシーニが好きな人は
絶対、気に入るんじゃないかな?


"Take the money and run" Marvin Hamlisch

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://amorfati.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/1119

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


oneheart02.gif
samurai.gif

1st album