top profile Live Information Live Movies discography contact store

最近のコメント

Powered by
Movable Type 3.35

« 少女Aでの表情の移り変わりに注目 | メイン | これも五月病か? »

立つ鳥あとを濁さず・・・

リーガ・エスパニョーラ 第35節
liga_espanola.jpg
ラージョ 0-7 バルセロナ









クラシコを落としリーガの優勝がレアルにほぼ決定し、
CL準決勝での敗退が決まり、そして、
とうとうグラルディオラ監督が契約更新を辞退する事が決定した。

監督が契約を更新しない事は、シーズン当初の9月には
バルサの上層部に伝えられていたことではあるらしいのだが、
ファンをしては、この一週間ちょっとで物事が大きく動いた。

ペップバルサの4年間を振り返ると、色々な思いにかられるのだが、
まだシーズンがすべて終わったわけではないし、
ペップ最後の試合となる国王杯決勝も残っているので、
ここは、ひとまず気持ちは封印しておくことにしておこうと思う。

今節は、はじまるまではチームの大きな変化が
及ぼす影響の懸念もあったが、結果的には、
ラストスパートへ向けて調子を上げるキッカケが作れたゲームとなった。

去り際の状況にあった言葉として「立つ鳥あとを濁さず」、
それとは正反対の「後は野となれ山となれ」という言葉がある。

ペップバルサは、確かに二冠は落とす事になったが、
ファンに「立つ鳥あとを濁さず」といった、
納得の行くフィナーレを見せてくれるに違いないはずだ。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://amorfati.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/1129

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


oneheart02.gif
samurai.gif

1st album