top profile Live Information Live Movies discography contact store

最近のコメント

Powered by
Movable Type 3.35

« 頭痛がやまないんだけど | メイン | 勝ち点を拾えたゲーム »

バルデスの気持ちはなんとなくわかる

リーガ・エスパニョーラ 第21節
liga_espanola.jpg
バルセロナ 5-1 オサスナ









メッシの4得点での快勝、そして、ビジャやアウベスのアシストも光っていた。良い結果で今節を終わらせたことで、ミッドウィークのレアル・マドリーとのカップ戦でのクラシコにも気持ちよく入っていけそうで何より。

しかし、今節は、試合前の話題として、契約延長に応じていないバルデスの事をホーム、カンプ・ノウのお客さん達がどう反応するだろうという事も上がっていたらしい。

実際は、もちろんブーイングなど起こるはずもなく、バルデス最初のボールタッチ時、にわかに沸き上った拍手からしても誰も彼の判断に対してケチをつけようという気はないのだと思う。

正直、現バルサの黄金期を支えて来たGKが、自ら今のチームから去りたいと思う気持ちにいたった事は残念だとは思うが、バルデスの気持ちもわからないこともない。

バルサの一員として輝かしいタイトルを数々獲得し、リーガでも年間の失点数が少なかった最優秀GKに送られるサモラ賞を何度も受賞しながら、代表では常にカシージャスの影にかくれ、又、GKの実力もバルサという脅威のポゼッション率を誇るチームあってのものと見られ続けている事には納得出来ない思いもあるだろう。

それを踏まえると、得られるタイトルはすでに得て来ただけに、彼自身としては、キャリアの最後に自分がGKとして、真に認められる場所に行きたいのではないだろうか?

又、バルサという常にトップにいる事を強いられる厳しい状況、それこそ、点を押さえて当り前、逆に、ちょっとしたミスでもすれば、下手クソと揶揄される厳しい状況に耐えることにも疲れたのかもしれない。

いずれにせよ、バルデスが本気でバルサでの最後のシーズンと思っているなら、それだけの覚悟で、つまり、すべてのコンペティションを勝ち取るぐらいの気持ちを持って臨んで来てくれるはず。

シーズン最後に、彼が笑顔でチームから去れる事をファンも皆望んでいることだと思う。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://amorfati.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/1199

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


oneheart02.gif
samurai.gif

1st album