top profile Live Information Live Movies discography contact store

最近のコメント

Powered by
Movable Type 3.35

« At the dark end of the street・・・ | メイン | ハッピーエンドは望むもの・・・ »

蒼氓

最近、この曲を好きで歌っている。全体的に音程が高い。これだけでも難しい。加えて、構成自体は単純なので普通に歌っていると、ただ歌っているだけで終わってしまいそうになる。

要は、オリジナルのようなドラマチックな盛り上がりを歌だけで出すのは、よっぽど上手くないと難しい。声を張り上げるだけで精一杯になってしまう。

それでも歌いながら、メロディや歌詞に気持ちを沿わせていると一瞬だけなのだが、この名曲の持っている真髄に触れられるような気になれる時がある。

そんな瞬間を味わってしまうと、オリジナルには遠く及ばないこの歌声で、又、最初から歌いたくなってしまうのだ。


" 蒼氓(アコースティックLIVEヴァージョン) " 山下達郎

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://amorfati.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/1231

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


oneheart02.gif
samurai.gif

1st album