top profile Live Information Live Movies discography contact store

最近のコメント

Powered by
Movable Type 3.35

« 感謝を込めて、さようなら10月 | メイン | メッシの不調は問題ではないが・・・ »

ケ・セラ・セラ、なるようになる♪

ふと夜道を歩いていたら自然に、「ケ・セラ・セラ♪」と口ずさんでしまっていたという事はないだろうか?

もっともこれだけ有名な曲であっても世の中すべての人がこの曲を知っているわけではないので、その時は、この曲に相当するような曲を口ずさむのだろうが・・・

とにかくこの曲を思い出す時の気持ちってどんな時なんだろうか?と考えてみた。最高にハイになっている時?・・・では、絶対ないな。では、哀しくて気分が落ちこんでいる時?これも違うだろう。

考えてみたのだが、落ち込んでいたり、疲れていた時から、気持ちがちょっと上向きになって回復に向かっている時、そんなときに自然と心に寄り添うように湧きあがってくる曲なんじゃないかと。


話はここでちょっとそれるが、現代は、自分が知らないことでもインターネットで検索すれば、何かしらの答えを得ることができるもの。なので、本当は自分がやってみなければわからない事でもわかったつもりになれてしまう事が多い。

しかし、本当にわかったつもりになって良いのだろうか?そんな誰かが無責任に出した答えを鵜呑みにして、本当に充実した生き方ができるのだろうか?と最近よく考えている、そして、憤慨している。

ホントは、自分の人生の答えなんて、未来の事なんて、自分が自分自身の人生とぶつかりあって、もつれ合ってしかわからないものであって、インターネットの中で形作られた風潮に左右されるものではないはずだ。

現代人は、常に正しい答えを出さなきゃならないという脅迫観念に捕らわれ過ぎている気がする。それは、失敗に対する極度の恐れと、それを許さない風潮があるからだと思う。しかし、自分なら失敗する事よりも後悔する事をおそれるね・・・


この曲でも言ってるでしょ「未来の事は誰もわからない」と、そして、「ケ・セラ・セラ、なるようになる♪」やり過ごす気持ちの余裕を持とうと・・・

The future's not ours to see
Que Sera Sera
What will be will be

”Que Sera Sera ”Doris Day

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://amorfati.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/1270

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


oneheart02.gif
samurai.gif

1st album