top profile Live Information Live Movies discography contact store

最近のコメント

Powered by
Movable Type 3.35

« Dudu Falcãoさん、早く次のアルバムが聴きたいです | メイン | オレの体は未だ未だ戦いを求めているwww »

オレはバリウムに勝った・・・

今日、生まれて初めて人間ドックを受けて来た。そこで生まれて初めてバリウムを飲んだが・・・

X線撮影室に行くと、撮影技師の先生からまず説明があり、初めてですという話をした。すると、そうですかバリウムを飲んでいただくのですが・・・(わかりますよね、あの飲むのに苦労するやつ)的な感じて言われたので、自分も、あぁ、ハイ、あれですよね・・・(皆、検査の後に話題にしてるマズイのでしょ)的に答える。

それを受けて先生が、ちょっと苦笑いしながら頑張って飲んで下さいみたいに言って来たのだが、なぜかその時、自分の中で突然バリウムに対して闘志が燃え上がってきて、

そんなにバリウムを飲むのに苦労するなんていうなら、涼しい顔して飲んでやろうと思い、発泡剤→少量のバリウムと躊躇せずに飲み、その後のコップ一杯のバリウムも一気に飲み干してやった。

すると、不思議なもので不快感というものもほとんど感じることもなく、無事撮影も終えることが出来た。最後にも、先生からどうですか?と改めて聞かれたが、いやそれほどでもなかったですという顔をして撮影室を去ることが出来、正直、心の中でこう思った・・・勝ったとwww

随分小さな勝負にこだわっていて馬鹿らしいと言えば馬鹿らしいのだが、意外とこういうときは最初から腹をくくって臨めば気持ちで乗り越えられる事が多いのも事実。


そういえば、以前、自分は交通事故で首に6時間を超える大手術を施したことがあったが、その時も覚悟が出来ていたこともあり、首の後ろをバックリと切開している中、

先生に部屋の温度は寒くない?(手術服の下は裸なので)みたいな事を聞かれた際、首は(切開中なので)寒いですと言って、手術室で先生はじめスタッフから笑いをとった事があった。

ちなみに、首を切開中は神経を傷つけてないかの反応を確認するため部分麻酔なので、意識はハッキリしていた。自分の首の骨がレーザーで焼かれて焦げてる臭いもたっぷり嗅ぎましたwww


とにかく人間て覚悟を決めると強くなれるもんだなとバリウムごときの話で恐縮だが、改めて思った次第だ。しかし、逆に、普段何の覚悟もないときに不意打ちされると、つまらない事でも戸惑ったり焦ったりするもんなので、そこら辺は常に緊張感を持たないとなとは思っている。


"The Winner Takes It All" ABBA

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://amorfati.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/1279

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


oneheart02.gif
samurai.gif

1st album