top profile Live Information Live Movies discography contact store

最近のコメント

Powered by
Movable Type 3.35

« カフェバタビアへ行く | メイン | 空と海と大地と »

ジャカルタから再びパダンへ


滞在期間、実質3日のジャカルタ旅行が終了し、再びパダンへ戻るためスカルノ•ハッタ空港のラウンジでフライト時刻まで時間を潰している。

日本なら25日を過ぎれば、クリスマスのディスプレイがサッと片付けられ、26日からは、しめ縄や門松、羽子板、凧などといった正月飾りへと入れ替わる。

街中の雰囲気も年越しへ向けて変わり、いよいよ今年も終わるんだなぁといった気持ちも高まる。

普通なら自然と一年を振り返り自分の気持ちと向き合わざるを得なくなるものなのだが、日中、30℃まで気温が上がり、Tシャツ、サングラスで過ごすインドネシアでは、そんな殊勝な気持ちには、チョット成り難い。

それに今日も相変わらずあちこちにクリスマスツリーが立ったままだし•••

それはさておき、やはり気温が人の気持ちに与える影響は大きいのだなという事を感じざるを得ない。

日本人は、ハッキリとした四季の中で、その節目節目に歴史の中で自然に育まれた伝統を持っている。

日本にいる限りそれを当然だと思ってしまいがちだが、その自然の恩恵に感謝する気持ちを忘れたくないと思う。

それに、自分の心と向き合って格闘しないと自分はダメだからねwww


オマケ

クリスマスツリー、いつ片付けるのか•••


ビュッフェの食事はこんな感じ。


空港内


空港内


ビアードパパには常に行列が出来ている。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://amorfati.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/1339

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


oneheart02.gif
samurai.gif

1st album