top profile Live Information Live Movies discography contact store

最近のコメント

Powered by
Movable Type 3.35

« 失敗はしても後悔しない生き方 | メイン | パイナン港クルーズ »

2013年、良く聴いたアルバム10枚

☆☆☆2013 YouTube Movie Best 5☆☆☆

第3位

"Paciencia" Lenine

”Dudu Falcãoさん、早く次のアルバムが聴きたいです”2013/11/08up!!!


Gilberto Gil『Gil Luminoso』
ジルベルト・ジルが自分の過去の名曲を弾き語りでセルフカバー。弾き語りでいかに芳醇な音を作れるかを考えた時に、こういったアルバムはスゴくためになる。しかし、バンドでも弾き語りでも本当に高いレベルで演奏できる人がブラジルは多い。オススメは「Aqui e agora」。

Earth,Wind & Fire『All 'N All』
アースの曲で聴きたいものは、昔かった3枚組のベストでほぼ聴けると思っていたので、今までオリジナル盤をわざわざ聴こうという気にはなっていなかった。しかし、改めて主なアルバムを聴きかえしてみると、まだまだ知らない名曲が沢山あったことに気づく。

Seu Jorge『Musicas Para Churrasco Ao Vivo』
このアルバムが今年一番聴いたアルバムかもしれない。ロンドンオリンピックの閉会式でブラジルのアーティストとして登場して出て来た際、確か、アナウンサーが「かっこいい人が出てきましたよ」以上終わり・・・としか紹介されなかったセウ・ジョルジだが、ブラジルでは押しも押されぬ人気アーティストだ。一番聴いたのは「tive razão」。1stアルバムの一曲目で、まさに彼の代表曲。自分は、このアルバムのライヴVer.が大好きで何度も繰り返して聴いた。ちなみに、次の曲「burguesinha」への流れも良いね。

Anitta『Anitta』
こちらも最近のブラジルを代表する人。自分がチョイスするには割と俗っぽいのかなという気もするがwww、「Meiga e Abusada」に単純にハマってしまった。Anittaは、最近の人らしいくダンスも歌も出来るセクシー系。しかし、ブラジルの女性は、デカイなぁ〜ケツが。

Bebeto『Essencial』
70年代から活躍しているベテランだが、これは2011発売のベスト盤。ジョルジ・ベンとやっている事が近い感じ。そう説明すると、あぁあんな感じかと、わかった気になってしまうかもしれないのだが、聴きやすい良い曲が多いんだなこれが。

Blondie『Greatest Hits』
ブロンディは、80年代の日本のCMで良く流れていた記憶がある。最近も使われていたような???「Heart Of Glass」や「Call Me」をまとめて聴きたかったのでアルバム単位で聴いていた。一時期、良く聴いたけど、自分の印象に残ったのは結局限られた曲だったなぁ・・・

Lenine『 In Cité』
このアルバムというか、これはDVD作品。発売当時に買ったので、今年のベストですというのも変なのだが、レニーニのスタイルを勉強しようと思って見直していた。やっぱり映像ってのは音だけ聴いているよりも情報量がある。どうやってだしているか分かり難い音であっても映像をコマ送りにして、手のポジションから何とか想像して音をみつけられるのだから、昔に比べて今は遥かに勉強するのに良い教材が揃っている。まぁ、その教材をどう使えるかは人次第だとは思うけどね。

Yusa『Breathe』
Yusaといえば、1stとライヴ盤を超える作品は、難しいのかなという気もする。しかし、こちらも内容的には安定した好盤。オススメは「Del miedo」

Celso Fonseca & Ronaldo Bastos『Liebe Paradiso』
1997年に発表された名作『パラディーソ』のリメイク版。というかこれをただのリメイクと言って良いのかどうか。『パラディーソ』の音源をサンプリングし、新たに音を差し替えたり、ゲストボーカルを迎えたりと、まさに現代的なアプローチでのアルバム制作。こういう事が大っぴらに出来る音楽的土壌があるってことが素晴らしい。曲は、どれも良いのだが、オススメはアドリアーノ・カルカニョットの歌う「O Tempo Nao Passou」かな。

Jorge Vercillo『Luar de Sol - Ao Vivo No Ceará』
こちらもDVD作品。今更ながらだが、DVD作品って本当に当り前のものなったんだなぁと実感している。ライヴ盤は大体CD、DVDで発売されるが、DVD盤の方が曲数が多かったり、おまけがあったりしてお得感がある事が多い。こういった映像も人によってはPCでみたり、TVでみたりと様々なんだろうなと思う。そうそうこの作品に自体の感想がまだだった。では、一言、ジョルジ・ベルシーロ最高!!!!

以上、2013年、良く聴いたアルバム10枚でした。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://amorfati.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/1345

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


oneheart02.gif
samurai.gif

1st album