top profile Live Information Live Movies discography contact store

最近のコメント

Powered by
Movable Type 3.35

« ウォーミングアップ曲として長年弾いてます | メイン | 残すところ後1日 »

幻のコーヒーを求めて


幻のコーヒーと呼ばれているコピ ルアックを手に入れることが出来た。10g、何と日本円にして600円ほど。

自分でも贅沢な買い物だとは思った。が、しかし、日本でこのコーヒーを飲もうとしたら一杯、4000円〜5000円すると聞いていたので、ここで手に入れなければ一生この幻のコーヒーを味わえないと思い手に入れることにした。

インドネシアと言えば、コーヒーの原産地として有名。マーケットにでも行けば、数ある店舗の一角に、コーヒー豆が詰まった大きな麻袋が所狭しと並べられているようなコーヒーの専門店があるだろうと勝手に想像していた。しかし、いくら探せどもそんな店は見当たらない。

結局、コピ ルアックを扱っているカフェを見つけてそこで購入することが出来たのだが、そこへ辿り着くまで紆余曲折色んな事があった。

まず最初に、コピ ルアックがあると訊いて訪れた中国人のカフェにはそんなものは全くなし。あげく店にあった違うコーヒーを勧められる始末。どうやら100%のコピ ルアックを探すのはかなり難しそうだと諦めてかけていたところに、たまたま店でのやり取りを近くで見ていた若い夫婦が、コピ ルアックを出しているカフェの名前を教えてくれる。

その後、クルマでいわれた場所を探してみるが同じ所をグルグルまわるだけで見つからない。道を何人もの人に訪ねて、やっとの事で目的のカフェに辿り着き、最後は、そこでコピ ルアックを直に淹れてもらい幻のコーヒーを味わう・・・というように、今思い返すと、何だかテレビのドキュメンタリーのような展開だった。こっちは当然やらせ全くなしwww

とにかく同行してくれたインドネシア人女性2人の友人には感謝している。彼女らが最後までつきあってくれたお陰だ。元々テンションの高い2人だったので、最初は、ちょっと疲れんなぁと思っていたが、それが結局大きな推進力となったwww、本当にありがとう!!!


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://amorfati.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/1354

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


oneheart02.gif
samurai.gif

1st album