top profile Live Information Live Movies discography contact store

最近のコメント

Powered by
Movable Type 3.35

« 『春の嵐』 | メイン | サクラサク »

ごんぎつねはやっぱり死ななきゃならなかったのだろうか?

今日たまたまネットで探しものをしていた際に、なぜか新美南吉の昔話『ごんぎつね』の事を思い出した。この話は教科書にも載っているほど有名な話なので、知らない人はいないと思うのだが、

改めて、この物語を思い返してみると、気持ちのすれ違いの皮肉さに何だか胸が痛くなって来た・・・

いたずら好きな子狐の「ごん」が、ちょっとした遊びのつもりで、百姓の兵十から奪ったうなぎが、実は病気で亡くなってしまうことになる兵十の母のために獲っていたものだった事、

それを反省して償いに盗んだ鰯を兵十の家に投げ入れてやると、今度は、兵十が盗人と間違われて殴れてしまう事、

それでは自力で何とかしようと、栗や松茸をとって、せっせと兵十の家に置いてくるが、誰も「ごん」が持って来てくれている事に気付かない事、

そして、最後には、栗や松茸を持って来たところを、いたずらに来たと誤解されて、兵十に撃たれ死んでしまう「ごん」・・・

せめてもの救いは、「ごん」がして来た事が兵十に伝わった事か。もちろんそれは「ごん」の命という取り返しのつかない代償を払ってではあるのだが・・・


最初から、どこにも悪意を持った登場人物はいなかったにもかかわらず、一つ一つのボタンがかけ違えられるように、すべてが悪い結果となってしまう。そこにあったはずの「ごん」の後悔や反省、優しさ、努力、すべてが何にもなかったように報われていない。

何で、気持ちを伝えられる機会を得る事が出来なったんだろう?どこかの場面で誤解が解けるタイミングがあるんじゃないか?と、自分で考えてみたりもする。

例えば、鰯を盗んで兵十が殴られている所を助けに入るなんてどうだろう?とか、又は、ちょっとだけ勇気を持って「ごん」は兵十に真実を伝える努力をしてみれば良かったのかな?とか、そして、自分だったらどうだろう?とか・・・

そう考えながら、はたと現実に帰って来る。すると、やはり物語で「ごん」は死んでしまっている。「ごん」だって色々考えたのかもしれない、でも、黙って贈り物を届けることが精一杯だったのかもなとも思う。


運命というのは、ひとつひとつの小さなディティールが積み重なって出来上がっているもの。だから、第三者が突然ここの場面の選択をこうすれば良かったんだと言ったところで、変えることの出来ない、そうなるしかないって事もあるのかもしれない。

「ごん」は命を代償に思いを伝えることが出来た。しかし、ほとんどの場合、人同士、誤解をしたりされたりのまま、心に何か引きずりながら、時には忘れ、時には思い出し、生きてゆかなくてはならないのだろう。


でも、もう一度、考えてみる。無駄な抵抗かもしれないが、考えてみる。いや、ごんぎつねが死ななくても良い結末だってあるはずなんだ。誤解が解ける事だってあるはずだ、人は、運命に流されるだけじゃないんだと・・・


「新美南吉 ごんぎつね」 朗読 日高恵 松浦このみ


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://amorfati.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/1422

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


oneheart02.gif
samurai.gif

1st album