top profile Live Information Live Movies discography contact store

最近のコメント

Powered by
Movable Type 3.35

« サクラサク | メイン | 春がやってくる~ »

魂とりあげりゃ人は人に勝ちたがる♪

尊敬する宇野誠一郎先生の曲「悪魔ソング」。悪魔なんていうと、オドロオドロシイ印象を持ってしまいそうだが、そこは宇野作品、オシャレさと可愛らしさ、そして、作詞した井上ひさし先生の皮肉たっぷりのユーモアが込められて、見事な名曲になっている。

曲は、手元にある宇野誠一郎作品集2の資料をみると、NHKの『ブンとフン』(1969年)の挿入歌のようだ。ちなみにこの番組は、黒柳徹子さんが声を当てている人形劇。

宇野先生と言えば、やっぱり『ひょっこりひょうたん島』のサントラ。このサントラが、自分はホントに好きで、気持ちの中に色んなモヤモヤがあると、自然にこのアルバムの中の曲を思い浮かべる程になってしまった。

『ドコンジョ婆さんのテーマ(ドコンジョ婆さんの人生) 』、『不幸と幸せ紙一重 』、『ひとりじゃない 』、『立志伝中の人物〈クレタモラッタ島〉 』、この辺は言ってみれば、人生の心の応援歌みたいなものになっている。色んな音楽を散々聴いているつもりだが、結局は、ここなんだよねぇwww

今の時代は、『ひょっこりひょうたん島』みたいな番組がないせいか、宇野作品のようなコンセプチャルな作品が生まれにくい状況になっている気がする。う~ん、自分が知らないだけなのかなぁ、とも思うが、どうなんだろうね?


”悪魔ソング ” 天地総子 

この画像って、手塚治虫先生の『奇子』じゃないか。なんで?

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://amorfati.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/1424

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


oneheart02.gif
samurai.gif

1st album