top profile Live Information Live Movies discography contact store

最近のコメント

Powered by
Movable Type 3.35

« 花見を横目に自転車をこぐ | メイン | やっぱりオリラヴはいいなぁ »

とうとうコピルアクの封を切ったのだが、


インドネシアに行った際にパダンの街で色んな人に協力してもらいながら、幻のコーヒーと言われているコピルアクを手に入れた。

そんな話を、まるでドキュメンタリー番組のようだったと、現地にいる時にこのブログでも書いた。

そして、今日、そのコピルアクを帰って来てから初めて飲んでみた。今でも現地のカフェで口にしたあの味は忘れていない。

口あたりは驚くほどクセがないのに、飲んだ後、じわっと口の中に広がって行く品のある香りとコク、しかし、あれが全然感じられない。

なぜなのか???実は、理由は分かっている。インドネシアのカフェではサイフォンで煎れていたのだ。

ウチには残念ながらそんなものはなくドリップコーヒーにしたのだが、やはりそれではあの味にはならないようだ。

うーん、なかなか上手くいかないもんだなぁ。今回は、一旅行者が買って来たコーヒーの話に過ぎない。

しかし、これを商売に置き換えて見たらどうだろう。輸入とか輸出の難しさが分かるよね。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://amorfati.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/1442

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


oneheart02.gif
samurai.gif

1st album