top profile Live Information Live Movies discography contact store

最近のコメント

Powered by
Movable Type 3.35

« とうとうコピルアクの封を切ったのだが、 | メイン | みなとみらいでサクラをみる »

やっぱりオリラヴはいいなぁ

最近、オリジナル・ラヴの名曲”接吻”をパクった曲が出回っていたらしい。自分は聴いていないのだが、ある意味度胸があるなぁとしか言いようがない。

そもそも音楽を 作る楽しみっていうのは、自分のオリジナル性を世の中に対して問いかけることにあると思うのだが、パクるというのは、その正反対の行為ではないだろうか?

つまり、パクるというのは、純粋に音楽を作りたいという思いから生まれるものではなく、音楽によって自己顕示欲を満たしたいという思いから生まれるものだとは言えないか?

自分の曲の存在価値を世の中の音楽ファンに問いたいのならば、誰かに似せたいとは思わないし、誰かに似てるとは言われたくないものなのだから。

音楽は、単純に自己顕示欲を満たすだけの手段になってしまったのだろうか?いや、現在は、その手段にもならないほど力が無くなってしまったのかもしれない。

そう思うとむなしいが、音楽を人に聴いてもらいたいという気持ちがある人間がその虚しさに負けてはいけないとも思う・・・

"接吻" ORIGINAL LOVE

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://amorfati.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/1443

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


oneheart02.gif
samurai.gif

1st album