top profile Live Information Live Movies discography contact store

最近のコメント

Powered by
Movable Type 3.35

« トリオバンドやりたい | メイン | 毎年現れる親子がいる »

70年代初頭の王様といえば彼

前にも書いたが、最近、昔よく聴いていたCDをデータ化している。今日は、ジョー・コッカーのデビュー時のアルバムを聴いていた。まぁジョー・コッカーというよりも、この辺はレオン・ラッセルが好きが昂じて、そのつながりで聴いていたアルバムなのだが。

70年代初頭の彼の作品や集まったメンバーの顔ぶれをみると、そうとうな影響力だったことが想像出来る。特にジョージ・ハリスン主催のバングラデシュのコンサートでの存在感は、完全に主役を食っていた。

ジョージの持ち歌「Beware of darkness」をレオンもアルバムで歌っているつながりでワンコーラスずつ歌うシーンがあるのだが、2コーラス目をレオンが引き継いだ途端に会場から沸き上がる歓声がそのスゴさを物語っていた。

アップ曲は、ジョー・コッカーも歌っている曲だが、やっぱり本人バージョンが一番かなぁ。バンドを仕切りながらおいしいところはすべて自分ていうのには憧れたね。

"Delta Lady " Leon Russell

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://amorfati.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/1494

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


oneheart02.gif
samurai.gif

1st album