top profile Live Information Live Movies discography contact store

最近のコメント

Powered by
Movable Type 3.35

« ジャニス・ジョプリンの歌の秘密は? | メイン | 日本の勝利を信じてる!!! »

失敗ありき、それが人生・・・

「(ドイツW杯初戦の)オーストラリア戦は試合終了まで残り8分となり、1-0で勝っていた。しかし、1点を取られたら立て続けに3失点してしまった。失点すると精神的に浮き足立ってしまう。これが日本の欠点だ」

「きっと国民性なのだと思う。他の国では考えられないのだけど、なぜか失点に対して過剰な恐怖感や失望感がある。ゴールを奪い合うスポーツなのだから、得点できることもあれば、失点もする。すべて思い通りにはいかないけれど、それがサッカーなんだ。この当たり前が経験として分かれば、日本はもっと強くなる」

〜ジーコ・インタビュー「2014W杯ブラジル大会DAY1」に掲載









これを読んでなるほどと思ってしまった。自分も日頃から感じている事だが、日本人は失敗を恐れすぎているところがある気がする。

何か大きな事にチャレンジするよりも、失敗しないことがモラルだと思っている人が多い。自分の失敗も当然恐れるし、それ故に他人のちょっとした失敗も許さない。

どんな事も丁寧にやり遂げるのは日本人の良いところでもあるのだが、その分リスクを取る勇気がない。挑戦とは、成功する確率の低い難しい事に挑むからこそ挑戦だとゆうことをわかっているべきだ。成功する確率が高いことをするのは挑戦とは言わない。

挑戦から生まれる失敗を避け、なるべく無難な選択をして、回りの人たちから認めてもらい自分の居場所を確保し、安全に生きて行く。そこから失敗に対して免疫のないメンタルが作られてしまうのだろう。

でも、今の日本代表は、失敗から立ち上がるメンタルを持っていると思うよ。本田の言っていることは、ただの強がりには自分には聞こえない。

そうそう、初戦に負けてやっぱり日本は世界では通用しないんだ、もう表立って応援するのはカッコ悪いからよそうと思っている奴!そいつだって失敗を恐れるあまりそう思うんだよ。

本当に好きだったら応援したいんだったら、結果がどうなろうが、最後まで応援するのが普通でしょ。どこか負けた方につきたくないとか、弱い奴につきたくないっていうのは、染みったれたせこい気持ちだと思う。

失敗を恐れるのは、失敗の経験があまり出来ないから。だとしたら、豊かさがそういった失敗、危険から日本人を遠ざけて来てしまったのかもしれない。たった一人で生きていても、充分に没頭できる趣味の世界が日本には沢山ある。特別な金持ちじゃなくても楽しめるような。

つまり、失敗や危険を犯すなんてことをしなくても心が満たされるような楽しい経験が出来てしまう。それが、本当の楽しさ、生きる歓びだとは自分は全く思わないが。

ジーコも言ってるけど、うまく行く時があれば、やられる時もある、それが人生ってもののはずじゃないの?開き直っていこう!!!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://amorfati.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/1522

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


oneheart02.gif
samurai.gif

1st album