top profile Live Information Live Movies discography contact store

最近のコメント

Powered by
Movable Type 3.35

« 気持ちが沿うってことが大事 | メイン | お盆休み、怪奇音楽特集!!! »

スウィンギン・ヴォーカル

歌のうまさの基準として、音程、リズム、声量、というものがあると思うのだが、美空ひばりはこのポイントすべてで文句なしに満点を取れる人だと思う。

特に『お祭りマンボ』で聴かせてくれる、リズムというか、スウィング感を出せる人は、なかなか日本ではお目にかかれない気がする。

日本でいわゆる歌のうまい人といわれるのは、音程、声量が先に立っている人が多く、リズムという点はあまり重視されていない。又、メロディーからスウィング感を引き出せるような歌詞を持った歌も少ないのと感じるのは気のせいだろうか?

アカペラで歌っているだけで聴いている人たちが踊り出したくなるぐらいのグリグリのスウィング感を持ったヴォーカリストが、次に日本に生まれるのは一体いつのことになるんだろうか?

"お祭りマンボ" 美空ひばり

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://amorfati.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/1572

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


oneheart02.gif
samurai.gif

1st album