top profile Live Information Live Movies discography contact store

最近のコメント

Powered by
Movable Type 3.35

« 今年中に売り切れるか? | メイン | ロック、ポップスのフィールドから生まれたからこそ意味がある名曲 »

レス・ポール、御年90歳で、この演奏!!!

昨日、チャック・ベリーのことを書き、8月にもモスクワでライヴをやっていたという情報を得る事が出来たので、Youtubeでさっそく先ほど観てみた。

正直言って、ギターにしても歌にしても全盛期とは程遠い出来というか、残念ながらチャックほどの男であっても寄る年波にはかなわずというしかない出来、

もっとハッキリ言えば、チャック・ベリーじゃなかったら金を取ってはいけないぐらいのバンド始めたばかりの学生かっていうレベルの演奏でしかなかった。

コメント欄をちょっと読むと、やはり皆そのことに関してかいているらしいのだが、大方は87歳でステージたっているだけでスゴイといったもののようで、

さすがに自分もその演奏のレベルの低さを責めるというよりは続けているだけで素晴らしいじゃないかという擁護派の気持ちに立つしかない。

歴史を刻んだロックの創始者の1人であるからこそ、演奏レベルがどんなに落ちても、ステージ上でその生き様を観客に見せるという事自体に意味があるのかもしれないと思ってしまうからだ。

しかし、そう思う一方で、ふとある偉大なるギタージャイアントの事も思い出した。レス・ポールの事だ。彼も90歳以上になってもNYでライヴを続けていたはず。

探してみると、あったあった。90歳のバースデイの時のライヴのようなのだが、若いときと比べてタッチがあぶないところがあるにはあるが、さすがレス・ポール素晴らしい演奏を披露してくれている。

同時にジェフ・ベックが同じ曲をライヴで演奏している動画もみたのだが、正直、こっちのレス・ポールVer.の方が自分は気に入った。

チャック・ベリーとレス・ポールでは、音楽界における立ち位置は全然違うので、単純に比較してどうこうは言えないが、どちらも普通の人ではとてもたどり着けない所で、ミュージシャンとして生きた、又、生きている人であることは間違いない。ただただリスペクトするばかりだ・・・

" Sleepwalk " Les Paul

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://amorfati.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/1619

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


oneheart02.gif
samurai.gif

1st album