top profile Live Information Live Movies discography contact store

最近のコメント

Powered by
Movable Type 3.35

« 本人出てこいや! | メイン | 登場するだけでステージの温度を上げるのがスター☆ »

これはリパッケージ版とでもいうのかな???

サンリオのハロー!キティ生誕40周年を記念して映画『くるみ割り人形』が公開されるということだ。って、待ってくれよ!この映画って、1979年に公開されたあの名作『くるみ割り人形』と違うのかい?と思って確認してみると、

監督:増田セバスチャン、テーマ曲:きゃりーぱみゅぱみゅ、主人公クララ:有村 架純(声)とある・・・やはり、違うのか???ということは、最近のアニメらしくCGアニメでリメイクしたものなのだろうか?

しかし、あの1日に何秒という時間しか撮影することの出来ないストップモーション撮影で作ったからこその1979年版の迫力やファンタジー感を超えたものを作るのは、よっぽど大変なことじゃぁなかろうか?

と思いつつ、映画の宣伝ページで予告を見ると、映っているのは、当時の映画『くるみ割り人形』・・・???これって、どういうこと???

まぁ、おそらくオープニングタイトルやエンディングの曲等を変えたり、映像をデジタル処理して色合いを変えたり・・・ということなんだろうけど・・・新しい人に監督とか名乗られちゃうのはちょっと不自然に感じる。

まぁ、確かに当時の作品をそのまま流すというのも違うのかもしれないけどね。とにかく半ば時代に埋もれて忘れられてしまっていた感のある名作がこうして戻って来た事は大変有益なことだと思う。

当時と今では、キティちゃんも世界で絶大な人気を誇る存在になっているし、海外でもきっと沢山の人たちが観てくれると思うと自分もうれしい。

そういう事も含め皆みてくれると良いと思う。ちなみに、一瞬、キティちゃんも映画に登場するシーンがあることもお忘れなく!

でも、時々は、1979年に上映された時のクララは、杉田かおるだったことも思い出してやって下さいwww

映画『くるみ割り人形』予告編

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://amorfati.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/1599

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


oneheart02.gif
samurai.gif

1st album