top profile Live Information Live Movies discography contact store

最近のコメント

Powered by
Movable Type 3.35

« ブレイクスルーしたことは間違いない | メイン | 二匹目のドジョウがいた »

この気持ちがわからない男って魅力ある?

”他の奴らは うまい事やってるけど この俺だけが落ちぶれちゃった
街のかたすみで 小さくなって ひとり暮してる”

〜"シカゴバウンド " 憂歌団 より

別に自分が落ちぶれているとは思わないが、時々世の中の流れからポツンと離れて浮き草のようにただよっているような気持ちになる時というものがある。

でも、ふと思うのだが、生きていてこの歌で歌われている、そういった気持ちになったことのないようなヤツって、どうなんだろう?いつも世の中に乗り遅れまいと汗水たらしながら、隣のヤツを気にして、前にいるヤツには卑屈になり、遅れて来るヤツは踏みつける、

そんなヤツらよりも、マイペースで生きている内に、気づいたら一人になっちゃってたよってヤツの方が、ある意味正直で好感が持てるってもの。

自由に生きたい人間ほど、そうなってしまいがちなのだとしたら、人生で一度や二度は、こういった孤独と向き合う時があってもいいと思う。もちろん、そんな放蕩からまともな社会へ戻って来てこそという所もあるのだが・・・

いずれにしても、男だったら、自由を求めるが故の放蕩と孤独を知っていても損はないはずだ。

"シカゴバウンド " 憂歌団

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://amorfati.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/1604

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


oneheart02.gif
samurai.gif

1st album