top profile Live Information Live Movies discography contact store

最近のコメント

Powered by
Movable Type 3.35

« ラッシュ・アワーはスィングのように | メイン | プル様こそが本物のスーパースター »

ハロウィンを飾るテーマソングと言えば・・・これかな?

今月に入ってから街中では、ずっとジャック・ランタンの飾りつけが見られ、週末毎にどこかで行われているハロウィン・イベントに参加するのであろうコスプレ姿の人たちを見かけた。又、近所の商店街では子供たちを対象にお菓子を配るイベントなどもあったようだ。

そんなシーンを見るにつけ、ハロウィンてのは、なんだか良く分からないが、なんだか長い間やってるイベントだなと思っている人も多いと思うのだが、実際のハロウィンは、10月31日に悪霊払いに端を発した宗教的なお祭りという事だ。

もっとも現在では、オリジナルであるアメリカでも日本でも、何だかお化けに仮装してお菓子をもらう楽しい行事ということになっているので、あまり意味合いを考える必要もないだろう。

ここ数年で盛り上がり方が激しくなってきているようで、渋谷の街でコスプレ姿で盛り上がっている子たちの姿をTVやネットでみていると、どこか冷めながらも実はどこか屈託無く多くの人と意識を共有し没頭できる事にうらやましさも感じている。

思い思いのコスプレで個を強調する快感に酔いしれながら、同様に集まった個の中に埋没し、大きな意識の一つとなって盛り上がる。その時、人は個でありながら無になるのではないだろうか?

まさにそれこそが祭りのエネルギーであって、ハロウィンも外国の借り物の祭りでありながら、すでに本来の祭りの意味を持った日本独自の祭りになってきているのかもしれないなとも思った。

確かに、商品を売るために無理やり火をつけて始まった部分もあるかもしれないのだが、積極的に参加する人たちのエネルギーが一つになることで祭りは本物の祭りになるのだ。

踊る阿呆に見る阿呆、同じ阿保なら踊らな損・・・やっぱり参加したもん勝ちだな人生は。どこれだけうまく理屈をこねて自分のことを正当化するかじゃなくてね。


"Time Warp " Rocky Horror Picture Show

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://amorfati.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/1643

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


oneheart02.gif
samurai.gif

1st album