top profile Live Information Live Movies discography contact store

最近のコメント

Powered by
Movable Type 3.35

« アイドルの撮影会に遭遇? | メイン | 年末はやはり忙しいものだ »

怒りで自身を見失わず、それでも怒りから目を逸らさない

自分の中に生まれた怒りと向き合った時に思い出す曲ってなんだろうと考えたら、ニール・ヤングのことが浮かんできた。

歳を取ってゆくにつれて、つまらない事に心を動かされなくなって怒ることが無くってゆくという風潮が世の中にはあるが、

正直言って、自分にとっては、それはないようだ。確かに、何があっても泰然自若っていうのにも魅力はある、しかし、やっぱり自分はそうなれない。

時々、心の平穏が続いていると、オレも大人になって自然のような大きな心を手に入れられるようになったのかと思う時もあるが、それはただの勘違い。単にまわりで何も起こっていないか、見えていないだけらしい・・・

怒りで自身を見失わず、それでも怒りから目を逸らさない。そういうスタンス。

"Hey Hey, My My (Into the Black) " NEIL YOUNG & CRAZY HORSE

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://amorfati.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/1663

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


oneheart02.gif
samurai.gif

1st album